KAREL APPEL by Karel Appel

オランダ人アーティスト、カレル・アペル(Karel Appel)の作品集。欧州の前衛美術集団「CoBrA」の創立メンバーの1人である作者は、ニューヨークとヨーロッパを拠点として活動した約60年間のキャリアを通じ、抽象と具象を行き来しながら決してひとつの代表的なスタイルや媒体、作風に留まる事なく創作を行ってきた。2015年以降は、大規模な回顧展がヨーロッパ各地で相次いで開催されている。本書は、アムステルダムに拠点を置くカレル・アペル財団の協力のもと2014年にNYの「BLUM & POE」で開催された個展の様子を収めた展覧会図録。同都市での個展開催は実に40年以上ぶりとなった。同ギャラリーで翌2015年に行われた「CoBrA」をテーマとしたグループ展「THE AVANT-GARDE WON’T GIVE UP: COBRA AND ITS LEGACY」でキュレーターを務めたアリソン・ジンジェラス(Alison M. Gingeras)氏によるエッセイを収録。

This catalogue was published alongside an exhibition of paintings and works on paper by Karel Appel, organized by Blum & Poe, New York in collaboration with the Karel Appel Foundation in Amsterdam. The exhibition, September 6 - November 8, 2014, was the first significant overview of Appel in New York City in more than forty years. The catalogue features an essay by Alison M. Gingeras.

by Karel Appel

REGULAR PRICE ¥5,060  (tax incl.)

hardcover
56 pages
247 x 185 mm
color
2015

published by BLUM & POE