JULIA MARGARET CAMERON: PHOTOGRAPHS TO ELECTRIFY YOU WITH DELIGHT AND STARTLE THE WORLD by Marta Weiss

19世紀を代表する最も重要で革新的な写真家の一人のイギリス人写真家、ジュリア・マーガレット・キャメロン(Julia Margaret Cameron)に関する資料をまとめた図録。キャメロンの自由で型にとらわれない技法は当時非難されたが、今また肖像写真の先駆者として再評価されている。また2015年はキャメロン生誕200周年の年であり、更に1865年にイギリス・ロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館(V&A)において初めて開催されたキャメロンの展覧会から150周年目となることから本書は共同制作された。V&Aが所有するコレクションの中にはキャメロン本人から入手した写真やV&Aの創立ディレクターに宛てた手紙などがあり、本書の作者であり現在V&Aの写真部門のキュレーターを勤めるマルタ・ワイス(Marta Weiss)はキャメロンがどう写真家として確立していったのかを寄稿。さらにキャメロンの友人であり助言者でもあったイギリスの画家ジョージ・フレデリック・ワッツ(G.F. Watts)が所有していた写真の数々を初めて掲載。これらの写真の発見により以前は認識されていなかったキャメロンの写真への実験的アプローチが明らかになった。

Julia Margaret Cameron (1815–79) was one of the most important and innovative photographers of the 19th century. Criticised in her lifetime for her unconventional techniques, she is now celebrated as a pioneering portraitist. 2015 marks the bicentenary of Cameron’s birth and the 150th anniversary of her first museum exhibition – the only one in her lifetime – held at the Victoria and Albert Museum in 1865. Drawing on the V&A’s significant collection, which includes photographs acquired directly from Cameron and letters she wrote to the museum’s founding director, Curator Marta Weiss tells the story of Cameron’s artistic development. She also presents, for the first time, a group of photographs recently revealed to have belonged to Cameron’s friend and mentor the artist G.F. Watts. This discovery sheds light on previously unacknowledged aspects of Cameron’s experimental approach.

by Marta Weiss

REGULAR PRICE ¥5,250

softcover
188 pages
220 x 260 mm
black and white
2015

published by MACK