JEAN LUC MYLAYNE by Jean Luc Mylayne

フランス人フォトグラファー、ジャン=リュック・ミレーヌ(Jean Luc Mylayne)の作品集。作者は生まれ育ったフランスとアメリカ西部の鳥たちを30年以上に渡って撮り続けてきた。同じロケーションに何日も通って撮影するという、手間暇を惜しまない制作プロセスのために、一つのイメージができるまでに何カ月もかかることもある。特に青い鳥を追い求める作者によると、鳥たちは作品の出来上がる過程に積極的に参加する役者だという。ブラッファー・ギャラリーのディレクター、テリー・サルタン(Terrie Sultan)とキュレーターのリン・クック(Lynne Cooke)のエッセイを収録。

一羽の鳥を見る時、私は同時に家の近くの木にとまっている別の鳥を見ている。私には何もかもが合奏曲に見える。そして私は自分が人生における全ての物事にも同じ眼差しを向けていることを知る。」ージャン=リュック・ミレーヌ、テキサス(2016年)

For more than thirty years, Jean Luc Mylayne has been photographing the birds of his native France and the American West. The creation of each images is a laborious process which can take months as Mylayne returns to the same location, day after day. Mylayne asserts that the birds, he particularly focuses on bluebirds, are willing actors in the making of the picture. The book features essays by Blaffer Gallery director Terrie Sultan, as well as Lynne Cooke.

When I see a bird, I see at the same time that bird on a tree near the house. I see everything as an ensemble, and I realize that’s how I see everything in life.” ―Jean Luc Mylayne, Marfa, Texas, 2006

by Jean Luc Mylayne

REGULAR PRICE ¥11,000

hardcover
136 pages
308 x 356 mm
color
2007

published by TWIN PALMS PUBLISHERS