IN THE SHADOW OF THE TREE AND THE KNOT OF THE EARTH by Anish Kapoor

インド出身のイギリス人現代彫刻家、アニッシュ・カプーア(Anish Kapoor)の作品集。本書は、ターナー賞を受賞した作者と所属ギャラリー「Lisson Gallery」とのコラボレーションが30年を迎えたことを記念するものである。美しいヴィジュアルで構成されたこの作品集は、160ページに及ぶ白黒のページに16枚のフルカラーイメージが差し込まれ、当時展覧会で発表されたばかりの最新作を紹介している。最も影響力のある現代彫刻家の一人と称される作者は、1970年代からロンドンを拠点として作品を制作。自らの作品を、存在と不在、実在することとしないこと、実質を持つものと持たないものといった揺るぎない哲学的な二元論に深く関わるものとして捉えている。レジン作品の持つ透明感、ピグメントの吸収性、石膏の放つ輝き、ステンレスや水の表面で移り変わる反射と、作者の彫刻にはその至るところに光と闇に対する深い関心が現れている。シルエットと光の相互作用を通じて、肉体と精神の原始的な状態に呼びかける崇高な体験を作りだそうとする。本書は2012年10月10日から11月10日にロンドンの「Lisson Gallery」で開催された同ギャラリーでは12回目となる個展に伴い出版された。

Published on the occasion of Anish Kapoor’s 12th solo exhibition at Lisson Gallery (10 October – 10 November 2012), this book marks 30 years of Lisson Gallery working with the Turner-prize winning artist. In the shadow of the tree and the knot of the earth is a beautifully illustrated artist’s book, containing 160 pages of images, and 16 full colour inserts depicting Kapoor’s most recent work, shown in the exhibition. Anish Kapoor is one of the most influential sculptors of his generation. Born in Bombay, he has lived and worked in London since the early 1970s. Kapoor sees his work as being engaged with deep-rooted metaphysical polarities; presence and absence, being and non-being, place and non-place and the solid and the intangible. Throughout Kapoor’s sculptures his fascination with darkness and light is apparent; the translucent quality of the resin works, the absorbent nature of the pigment, the radiant glow of alabaster and the fluid reflections of stainless steel and water. Through this interplay between form and light, Kapoor aspires to evoke sublime experiences, which address primal physical and psychological states.

by Anish Kapoor

REGULAR PRICE ¥9,800

softcover
176 pages
270 x 185 mm
color, black and white
2012

published by LISSON GALLERY