IM KRANKENHAUS (IN HOSPITAL) by Alfried Krupp von Bohlen und Halbach-Stiftung

Ludwig Kufferドイツの慈善団体「アルフリート・クルップ・フォン・ボーレン・ウント・ハルバッハ」(Alfried Krupp von Bohlen und Halbach-Stiftung)が編集した作品集。オリジナル版が1993年に刊行されており、タイトルは「IN HOSPITAL / 病院にて) 」を意味する。ドイツ人フォトグラファーのティム・ラウタート(Timm Rautert)が撮影、グラフィックデザイナーのオトル・アイヒャー(Otl Aicher)がデザインを手掛けた最後の一冊となった本書は、当時革新的だと評価された。25年後、財団はアルフリート・クルップ病院の内部の写真を撮影してもらうために再び写真家たちを招いた。ドイツ人フォトグラファーのルートヴィッヒ・クッファー(Ludwig Kuffer)、映画監督のアンドレアス・ラングフィールド(Andreas Langfeld)、フォトグラファーのエリザベス・ノイデルフル(Elisabeth Neudörfl)は、今なお人が人を救うということに重点を置いていながらもハイテクで機械のように正確に機能する仕事場のイメージを捉えた。写真と共に、特殊な場所としての病院から病と死の概念、病院と社会の関係まで多様なテーマを、ハンナ・エンゲルマイヤー(Hanna Engelmeier)によるエッセイ風テキスト、トーマス・ヘッチェ(Thomas Hettche)による文学的文章、そしてアルミン・ナセヒ(Armin Nasseh)による科学的観点など、多様な文体で描いた文章を収録している。

Im Krankenhaus (In Hospital) ―a photo book edited by the Alfried Krupp von Bohlen und Halbach-Stiftung―was published in 1993. It was the last book to be designed by Otl Aicher, and the photographs by Timm Rautert were considered groundbreaking. Twenty-five years on the foundation once again invited photographers to take pictures inside the Alfried Krupp Hospital. Ludwig Kuffer, Andreas Langfeld, and Elisabeth Neudörfl have produced images of a high-tech and tightly functioning work environment, whose focus is still centred on people serving people. Their pictures are accompanied by texts of different types, be it essayistic (Hanna Engelmeier), literary (Thomas Hettche), or scientific (Armin Nasseh). The authors address a variety of themes: the hospital as a specific location; notions of illness and death; and the relationship between hospitals and society.

by Alfried Krupp von Bohlen und Halbach-Stiftung , Andreas Langfeld , Elisabeth Neudörfl , Ludwig Kuffer , Otl Aicher , Timm Rautert

REGULAR PRICE ¥6,200

hardcover
220 pages
250 x 325 mm    
color, black and white
2018

published by SPECTOR BOOKS