IDEM DITO [SIC.] - ADDENDUM by Will Holder

イギリス人タイポグラファー、ウィル・ホルダー(Will Holder)の作品集。本書は、オランダ・アムステルダムとスウェーデン・ストックホルムを拠点として活動するデザインスタジオ「Our Polite Society」が2019年に手がけたスウェーデンの事務機器メーカー「ファシット(FACIT)」に関する作品集『THE FACIT MODEL - GLOBALISM, LOCALISM, IDENTITY』の「付録」となる形で制作された。タイプライターの、そして間違いを修正するタイプライターの視点、そして「美しい書体」を読み、書くことがどれだけ時間を浪費するものかという観点から制作した本書は、「Our Polite Society」の世界をオフィス機器で埋め尽くすというアイデアを用い、それを正当化する。作品集に収められているのは、モニターと紙、話し言葉と書き言葉、読むことと書くこと、聞くことと聴くことの間に存在するはずの感覚を目覚めさせるアイデアたちである。

上空に浮かびながらシーンを俯瞰する巨大な目玉のように(D.F.W.)、様々な方向に向かいながらも、ページからは離れない。『これは [this is a]」機械の内側から送られたレポートであり、その機械こそ、ローランド=ファシットのハイブリッドモデル『808』である。」マティアス・クロイツァー

Typographer Will Holder was commissioned by Our Polite Society to produce an ‘addendum’ to their book, The Facit Model, Globalism, Localism & Identity. From the point of view of typewriters & typewriters correcting mistakes, and how time-consuming it is to read & write “beautiful letters”, this publication justifies a Swedish company’s idea to furnish the world with office-machines. It is a bunch of short ideas, joining to produce some sense, somewhere between screen & print, speech & writing, reading & writing, hearing & listening.

Like a giant floating eyeball’ hovering over the scene (D.F.W), pointing in so many directions, while staying close to the page [this is a] report from inside a machine – 808 typewriter, a Roland-Facit hybrid model.” Matthias Kreutzer

by Our Polite Society , Will Holder

REGULAR PRICE ¥1,000

softcover
12 pages
210 x 297 mm    
black and white
2020

published by SPECTOR BOOKS