GREY PAINTINGS by Julie Mehretu

エチオピア生まれのアメリカ人アーティスト、ジュリー・メレツ(Julie Mehretu)の作品集。2016年に「Marian Goodman Gallery」で開催された展覧会「Hoodnyx, Voodo and Stelae」に伴い刊行された。本作は「アラブの春」と称される民衆による大規模民主化運動の幻想や楽観が崩壊した結果、中東を襲った悲劇的な変化とアメリカにおける他者に対する暴力の増加に捧げられている。中東の文化や、過去と現在に敬意を表した建築的な絵画で名高い作者は、これまでアラブ人の偉大な文化的業績に対する誇りを表現してきた。新しい絵画作品では、伝えられないことを抽象化によって伝えるというアプローチを用いて、近年続発している残虐な事件に対する胸が張り裂けるような思いを描き出した。アーティスト、グレン・リゴン(Glenn Ligon)のエッセイを収録。

Grey Paintings accompanies Julie Mehretu’s 2016 exhibition Hoodnyx, Voodo and Stelae at Marian Goodman Gallery. The work is dedicated to the tragic changes wrought in the Middle East by the collapse of the optimism of the Arab spring, as certain rising violence against the other in in the United States. Well known for architectural painting that pay tribute to the cultures of the Middle East, past and present, Mehretu has expressed pride in the magnificence of their cultural achievements. The new paintings express heartbreak over the brutal events of recent years, using abstraction to describe the indescribable. With a poem by Patricia Smith and a new essay by artist Glenn Ligon, Grey Paintings focuses on Julie Mehretu's recent work of the last 5 years.

by Julie Mehretu

REGULAR PRICE ¥12,000

hardcover
170 pages
279 x 292 mm
color
2017

published by MARIAN GOODMAN GALLERY