FICTION by Maria Gorodeckaya

ロンドンを拠点とするロシア人アーティスト、マリア・グロデッカヤ(Maria Gorodeckaya)の作品集。過去2年間に撮影した少年たちの写真と日記風の詩を織り交ぜたZINE。

作者の作品は、感情的な身体と影響を受けた身体の双方を通じてアイデンティティが決定されるパワー・ダイナミクスを追っており、文章、パフォーマンス、彫刻との交差点に位置している。アーティストとして活動する前に、作者はモスクワのメディア業界で働き、そこで女性が男性を客観視するよう社会的に訓練されていないことを痛感した。視線を逆にするとどうなるだろうか。男性を客観視するための視覚言語は、ゲイの写真家や映画監督によって多々開発されてきた。作者は自分自身を文化の主題として扱い、本書を通じてこの既存の言語と自分自身が形成するまなざしとの違いを探求する。

London-based Russian artist Maria Gorodeckaya presents an artist’s zine that weaves diaristic poetry with a selection of photographs made - and taken - of boys, over the course of the last two years.

Gorodeckaya’s work sits at the crossroads of writing, performance and sculpture as an investigation into the power dynamics within which identities are determined through both affective and affected bodies. Before practicing as an artist, Maria worked in the media in Moscow, where she became acutely aware that women are not socially trained to objectify men. What happens when the gaze is reversed? The visual languages for objectifying men have often been developed by gay photographers and filmmakers. Treating herself as a subject of culture, Gorodeckaya uses Fiction to investigate the differences, if any, between these existing languages and her own formed gaze.

by Maria Gorodeckaya

REGULAR PRICE $9.00

softcover
40 pages
115 x 171 mm
color
2018

published by 5B