FALK HABERKORN: AFTER THE GOLD RUSH, JOURNEY TO EASTERN GERMANY, FALL 2004 by Falk Haberkorn

ドイツ人フォトグラファー、ファルク・ハベルコルン(Falk Haberkorn)の作品集。もはや歴史の一ページだが、その存在は今でも其処此処に感じられる、そんな東ドイツの少し昔を再訪した旅の写真集。ベルリンの壁崩壊から15年後の2004年秋、作者は5つの新連邦州、メクレンブルク=フォアポンメルン州、ブランデンブルク州、ザクセン=アンハルト州、ザクセン州、テューリンゲン州を訪れた。1989年秋の歴史的な出来事を追悼すべく、東ドイツの建国記念日である10月7日からベルリンの壁が崩壊した11月9日にかけて作者は旧ドイツ民主共和国のあちこちを旅した。当時、既に社会主義のシステムを意識的に体験できる年齢だった作者にとっては、地元の歴史を復習する旅のようなものであったが、東ドイツという国が今でも自分にとって何らかの意味を持つかについては考えずに挑んだ実験だった。これはGDR(ドイツ民主共和国 / 東ドイツ)に暮らしてきた人々が構造的な変化にどれだけ上手に順応したか、それを視覚化することは可能かという問いにも結び付いている。そうしてこの旅は写真作品によるロードムービーへと発展した。本作は、車窓から見た、今もなお変化し続けている国の調査記録である。

Journey to Eastern Germany is a journey through the recent past of a country that is now history and yet still makes its presence felt today. In autumn 2004, fifteen years after the fall of the wall, the author visited Germany’s five new federal states: from 7 October to 9 November, in memory of the dates flanking the historical events of autumn 1989, he travelled to every corner of the former GDR. To Falk Haberkorn, who is old enough to have consciously experienced the socialist system, the journey seemed like a kind of catch-up course on local history: as an experiment free of any preconceptions about whether this country would still have something to say to him. And tied in with the question of how well its inhabitants had coped with the structural changes and whether this could be visualized. The journey developed into a photographic road movie. An inventory of a land that is still in transition, as seen through the window of a moving car.

by Falk Haberkorn

REGULAR PRICE ¥6,800

softcover
232 pages
230 x 320 mm    
black and white
2018

published by SPECTOR BOOKS