EXTASIS by Oscar Monzón

スペイン人フォトグラファー、オスカー・モンゾン(Óscar Monzón)の作品集。本書は「Paris Photo–Aperture Foundation PhotoBook Awards」にて「the First PhotoBook Prize」を受賞した初作品集「Karma」(RVB Books) に次ぐ2作目となる。テクノロジーと広告に関する分析を継続しつつ、本作ではマスツーリズム(大衆化された観光)現象への関心の移り変わりも見せている。世界で最も人気の観光スポットの一つである、ブラジルとアルゼンチンにまたがる大瀑布「イグアスの滝」の風景 ー その絶景を突き刺すように斜めの線が横切る。フレーミングされた景色にXマークで邪魔をするモノの実態が段々と明らかになっていくが、その正体はこの飛び地を訪れた観光客の「セルフィー棒」であった ー そんなイメージ群で本作のテーマが提示されている。このような方法を用いることで、作者は緩やかに現実を放棄すること、予定していた計画をよそに追い払うこと、そしてデジタル技術がもたらす単なる消耗品に身を捧げた末に画像の中の世界のとりこになるか捨てられるという経験を描いた一つの図を作り出している。そしてイメージを大胆な編集とデザインで構成し、画像の幻影によって作られた世界の代用品や消耗品から生じた結論の一つとして「落胆」や「幻滅」に目を向けさせようとしている。

EXTASIS, second book by photographer Óscar Monzón, stands as a continuation of his analysis of technology and advertising, shifting his attention to the phenomenon of mass tourism. The proposal brings together a collection of landscapes made in one of the most popular tourist destinations in the world: the Iguazú Falls, in Brazil and Argentina, which are crossed by diagonal lines suggesting the striking of these images while the object that interferes in the framing is progressively unveiled: the selfie-sticks of the tourists who visit this enclave and that complete the crossing out -X sign- of the landscapes we observe.

Through such mechanism Monzón creates a graphic synthesis that illustrates our gradual abandonment of reality, relegating the scenarios and experiences that it offers us to mere consumption objects mediated by digital technology and therefore also susceptible to be devoured and discarded in favor of the world of the images. Relying on a risky editorial design, the author strives to point out disappointment or disillusion as one of the main consequences derived from consumption and from the substitution of the world by the simulacrum of the images.

by Óscar Monzón

REGULAR PRICE ¥4,000

softcover
64 pages + 1 postcard
210 x 297 mm
black and white
2017

published by DALPINE