EVERY-DAY by Vincent Ferrané

フランス人フォトグラファー、ヴァンサン・フェラーネ(Vincent Ferrané)の作品集。本作は、トランスジェンダーやノンバイナリーの人々を写し出したシリーズを一冊にまとめており、そこでは性別で分けたり言及することはない。社会的、文化的な規範や慣習という枠組みの中で、女性と男性という二元的な見方に当てはまらない、あるいはそれに縛られない様々な性の在り方に光をあてる。本書中に登場するうエイヴァ(Ava)、ジャッキー(Jackie)、レオ(Leo)、マチュー(Mathieu)、マティアス(Matthias)、マティ(Maty)、ラヤ(Raya)のポートレイトは、出かける前に鏡の前で身支度を行う様子の記録である。その行為は、プライベートな空間でなされる、シンプルでありながら物理的にも象徴的にも重要な意味を持つものである。一見当たり障りのない日常の一コマの中で繰り返される、その人固有の行為、表象、手順、歴史、信念を通じて、自分らしさという概念がいかに儚く弱いものであるかが明らかにされていく。キュレーターのジョエル・リフ(Joël Riff)のエッセイを収録。

Every-day by Vincent Ferrané (b. 1974, French) is a series of photographs of transgender or non-binary people, without classification or mention. It focuses on ways of experiencing one’s gender which, within the framework of social and cultural norms and conventions, trouble or escape the binary system of feminine and masculine. The images document, through the portraits of Ava, Jackie, Leo, Mathieu, Matthias, Maty and Raya, seized in their privacy, a simple but key event, both symbolic and physical; that of getting ready, in front of your mirror, to leave your home. In an apparent harmless everyday life, through a repetition of actions, representations, strategies, histories and convictions specific to each person, the ever fragile project of being oneself is revealed. The book contains an essay written by exhibition curator Joël Riff (b. 1984, French)

by Vincent Ferrané

REGULAR PRICE ¥5,500

hardcover
56 pages
215 x 275 mm    
color
limited edition of 500 copies
2020

published by LIBRARYMAN