ETHIOPIA by Osma Harvilahti

フィンランド人フォトグラファー、オスマ・ハヴィラティ(Osma Harvilahti)の作品集。エチオピアの首都アディスアベバにある「メスケルスクエア」は、信号もなければ交通整理をする者もおらず、環状にもなっていない無秩序状態の大きな交差点である。作者はそこに赴き、わずか2日間で撮影を敢行。そこで写されたイメージは鮮やかな一瞬を切り取っている。日常にありふれた儀式めいた出来事や習慣に着目し、ファッション社会学を背景に、街中に溢れる素材や物が織りなすその場しのぎの状態やデザインの断片に意識を向けている。

本作はベルギーとスウェーデンを拠点とする出版社「LIBRARYMAN」の季刊写真集プロジェクト「Seasons Series」の三作目(Fall)として刊行。あるカテゴリーにあてはまるアーティストたちが、一つの同じ条件のもと一冊の本の形で表現するという一貫した企画だが、それぞれの作家が持つ視点によって個々の違いが表出する。かつ、季節ごとに登場する作家のセレクションとコンテンツが各々の作品そのものを際立たせながらも、全作品集を通してサイズやページ数、デザインは統一される。四季を用いる手法は、韓国の映画監督キム・ギドク(Kim Ki-duk)の映像作品「春夏秋冬そして春(英題: Spring, Summer, Fall, Winter… and Spring)」(2013)から着想を得ており、四季を生涯に見立て様々な俳優陣が一人の主人公の一生を演じているこの作品は、湖中の庵に暮らす一人の父的存在が印象的である。この映像作品はとりわけ四季の風景の移り変わりに沿った物語の形式であり、そのことが主人公の成長に影響を与えているが、今回の企画「Seasons Series」は、各作品が季節の違いを感じさせつつも、シンプルかつ深遠なアイデア、その精神性や人間の情熱を軸とする。

Seasons Series draws inspiration from Kim Ki-Duk’s seminal film Spring, Summer, Fall, Winter… and Spring in which different actors, for each season, play the same character who is abandoned on a lake next to a floating monastery. The film specifically focuses on the shifting nature of the seasons and its effects on the protagonist’s fosterage. The books take their lead from the film in that simple and profound ideas, human passions and spirituality can be perceived differently depending on the season. Seasons Series is a quarterly book series, in which a group of artists are brought together under one vision with a focus on each artist’s singular way of seeing. Each of the books in the series will focus on differing subjects and all monographs will showcase the artist’s unique approach to photography. All the books in the series will maintain the same size, dimensions and page count. The first 25 of each will come as a special edition containing a print. Libraryman hereby continues the book series with new works by Osma Harvilahti (b. 1983, Finnish).

(…) Shot over just two days and mainly in Meskel Square – a chaotic intersection with no traffic lights, roundabouts or traffic controllers – the images depict moments of balance within intensity. Harvilahti has always been interested in everyday rituals and practises, and with a background in fashion sociology he brings a heightened awareness to the elements of design and makeshift compositions of carried materials and goods weaving throughout the cities Addis Ababa and Bahir Dar. — Wallpaper*

by Osma Harvilahti

REGULAR PRICE ¥5,500

hardcover
32 pages
215 x 275 mm
color
limited edition of 500 copies
2018

published by LIBRARYMAN