ÉLECTRICITÉ by Axel Hütte

ドイツ人フォトグラファー、アクセル・ヒュッテ(Axel Hütte)の作品集。ドイツの出版社「Salon Verlag」が企画するシリーズ「Edition Ex Libris」のうちの一作。「Edition Ex Libris」は、アーティストたちの「Favorite Book(お気に入りの1冊)」を復刻するアーティストブックシリーズであり、復刻した作品に作家陣が新たにデザインした表紙、もしくはカバーが施される。また、担当した作家のサインとナンバリングが書かれたオリジナルプリント(Ex Libris)が1枚付属。作家が選ぶ一冊はジャンルを問わず、医学や物理学、文学、哲学、旅行、美術史、都市計画などさまざまな分野が集まり、現在活躍しているアーティストたちの創作活動の背景を知ることができる。

本書は、アクセル・ヒュッテがアメリカ人アーティストであるマン・レイ(Man Ray)の作品をセレクトした一作。マン・レイが1931年にフランスの民間電力会社からの依頼によりパリで制作したシリーズ「ÉLECTRICITÉ」より10作が収録されている。

無頓着、しかし無関心ではなく」ー マン・レイの墓碑銘より

Man Ray, a man driven by curiosity, fantastically visionary. Work like picture title: ÉLECTRICITÉ. It’s an artist book, with a selection of photographs by Axel Hutte on Man Ray’s works during the year 1931 in Paris, and part of them have been specifically done for a French electricity company. Linen cover, photographs numbered and signed by Hutte, 44 pages.

Edition Ex Libris: A library of artist‘s books with reprints of the “favourite books” of important contemporary artists. Each of these limited-edition reprints is furnished by the artist with a newly designed cover or dust jacket and complemented by its own personal, signed and numbered ex libris (bookplate). These books from the most varied fields and disciplines (including medicine, physics, literature, philosophy, travel, art history and urban planning) provide insight into the creative backgrounds of internationally acclaimed contemporary artists.

UNCONCERNED BUT NOT INDIFFERENT” ーMan Ray's Epitaph

by Axel Hütte

REGULAR PRICE $102.00

hardcover
including a print signed / numbered by Axel Hütte
print: archival pigment print / 210 x 148 mm

44 pages
240 x 290 mm
black and white
limited edition of 200 copies
2020

SPECIAL EDITION
SIGNED & NUMBERED BY AXEL HÜTTE

published by SALON VERLAG