EKATERINA by Romain Mader

スイス人フォトグラファー、ロマン・マデア(Romain Mader)の写真集。本書は架空のストーリーにもとづいた写真を撮影し、ジェンダーや孤独、恋愛といったテーマを追求する。本作において作者はウクライナまで行き、1人の架空のガールフレンドがいるという設定でリサーチを行い記録した。現地でメールオーダー・ブライド(先進国の男性に買い取られ嫁いでいく、社会的に不利な立場に居る開発途上国の女性)と一緒にぎこちなくポーズを取り、彼が最終的に花嫁を見つけるまで架空の街々で何人もの「Ekaterina(ウクライナで最もポピュラーな女性名)」に出会うというシリーズを通して制作されている。作者が自ら主役となり撮影したことについて「誰かの物真似をするのは簡単すぎる。自分の作品の中で、自分でポーズをとって主役となる方が良い。そうすることで皮肉めいた表現や脆さがそこに存在する。」と語っている。

Romain Mader’s work explores themes of gender-representation, loneliness and romance by creating fictional narratives within his images. In Ekaterina Romain travels to the Ukraine and documents his imaginary search for a girlfriend,  clumsily posing with mail-order brides and passing through a series of fictional towns meeting numerous “Ekaterinas” until he finally finds his bride. Explaining his reasoning for making himself the protagonist Romain Mader’s says: 'It's too easy to mock people. It's better to pose myself and be the main character in my work. This way, there's irony and vulnerability.

by Romain Mader

REGULAR PRICE ¥5,000
国内送料無料 / Free international shipping over 50,000 yen.

hardcover
204 pages
155 x 210 mm
color
limited edition of 750 copies
2016

published by MÖREL