EDWARD HOPPER'S NEW YORK by Edward Hopper

アメリカ人アーティスト、​エドワード・ホッパー(Edward Hopper)​の作品集。2022年10月から2023年3月まで「ホイットニー美術館(Whitney Museum of American Art)」で開催された展覧会に伴い刊行された。絵画、ドローイング、版画、そして未発表のアーカイブ資料を通じ、作者のインスピレーションの源であるニューヨークの街との象徴的な関係性を掘り下げ露わにする一冊。

作者の人生の本質的な面を包括的に探ることにより、ニューヨークの空間や感覚、建築物をどのように作者が体感してそのビジョンを形づくり都会的体験のエッセンスの背景となったかを明らかにする。歩道をぶらぶらと散歩したり高架鉄道に乗りながら、作者はニューヨークの街に並ぶ建物のウィンドウをスケッチしていた。次第に外から見た風景から室内の生活へと移っていき、結果、作者が夢中になったことで知られる「パブリックとプライベートの融合」というテーマを生んだ。内部を見せてくれる壁を描くことは、群衆の中にいながら孤独であることへ困惑した感覚を呼び起こし、そしてそれは現代における「都会の生活」と同義なのである。

本書は、作者の作品を最も多く所蔵する「ホイットニー美術館」の膨大な作品群と資料をベースに、最近になって加えられた「サンボーン・ホッパー・アーカイブ(Sanborn Hopper Archive)」の寄贈も交じえ、300点以上の図版と権威ある学者たちと新進の学者たちによって新たな識見が寄稿されている。

A revealing exploration of Edward Hopper’s inspired relationship to New York City through his paintings, drawings, prints, and never-before-published archival materials

This engaging book delves into the iconic relationship between Edward Hopper (1882–1967) and New York City. This comprehensive look at an essential aspect of the revered American artist’s life reveals how Hopper’s experience of New York’s spaces, sensations, and architecture shaped his vision and served as a backdrop for his distillations of the urban experience. During sidewalk strolls and elevated train rides, Hopper sketched the city’s many windowed facades. Exterior views gave way to interior lives, forging one of Hopper’s defining preoccupations: the convergence of public and private. These permeable walls allowed Hopper to evoke the perplexing awareness of being alone in a crowd that is synonymous with modern urban life.

Drawing on the vast resources of the Whitney Museum of American Art, the largest repository of Hopper’s work, and the recently acquired gift of the Sanborn Hopper Archive, this book features more than 300 illustrations and fresh insight from authoritative and emerging scholars.

by Edward Hopper

REGULAR PRICE $81.00

hardcover
256 pages
248 x 287 mm
color, black and white
2022

published by WHITNEY MUSEUM OF AMERICAN ART