DUST & DATA - TRACES OF THE BAUHAUS ACROSS 100 YEARS

バウハウスの歴史を研究している各国の学者による事例研究を一冊にした作品集。バウハウス・インスティチュートのディレクターであり、ワイマール・バウハウス大学で教鞭をとるイネス・ヴァイツマン(Ines Weizman)が編集を手がける。バウハウスの歴史にはいくつもの見方があり、バウハウスもその一部である現代建築の世界的な歴史の中で読み解かれるべきという立場から、複雑かつ錯綜した問題としてまとめられた。本書の目的は、バウハウスによる品々、記録、建築を政治と歴史の構成要素として理解することである。これらをスタート地点とし、その循環と移動の複雑なパターンを提示し、そうすることによって浮かび上がってくる建築の歴史のつながりを追う。本書が示しているように、バウハウスの歴史は移動の歴史と言える。バウハウスの建築家、アーティスト、記録、もの、そしてもちろん考え方は、ばらばらになった世界中に拡散し、正当性や物理的・知的所有権、著作権に関する紛争や時には法的な争いに発展してきている。

This publication brings together case studies by scholars from around the world that engage with the history of the Bauhaus as an entangled problem―the multiple historiographies of the Bauhaus and the global history of modernist architecture within which it is located. The aim of this book is to read Bauhaus objects, documents, and buildings as molecular units of politics and history. Taking these objects as a starting point, it also sets out to plot their complex patterns of circulation and migration and trace forms of connection that are otherwise invisible to architectural history. Bauhaus history, as this book seeks to show, is indeed a history of migration: of its architects, artists, documents, objects, and, of course, its ideas, as they have scattered across a fragmented world, leading to disputes and sometimes to legal challenges concerning authenticity, physical and intellectual ownership, and copyright. Text by Pep Avilés, Anya Bokov, Peter Bernhard, Nicholas de Moncheaux, Marija Dremaite, Christopher T. Green, Hamed Khosravi, Norbert Korrek, Michael Kubo, Jörg Paulus, Alina Payne, Robin Schuldenfrei, Bernhard Siegert, Ines Sonder, Daniel Taliesnik, Georg Vrachliotis, Anselm Wagner

by Ines Weizman

REGULAR PRICE ¥6,800

softcover
630 pages
170 x 240 mm    
color, black and white
2019

published by SPECTOR BOOKS