DIE PROGRAMMIERUNG DES SCHÖNEN by Kurt Kranz

ドイツ人アーティスト、カート・クランツ(Kurt Kranz)の作品集。バウハウス・デッサウ財団は、アーティスト、グラフィックアーティスト、実験映画の監督であり、1930年から1932年までバウハウス・デッサウ校で学んだ作者の素晴らしい作品を包括的に紹介する展覧会を開催した。1960年代にはジェネラティブアートやマルチプルアートのパイオニアとして活躍し、存命であれば2020年に100歳を迎えたはずであった作者の個性が光る作品を一挙に紹介する。バウハウスで作者はモホリ=ナジ・ラースロー(László Moholy-Nagy)、ヨゼフ・アルバース(Josef Albers)、ワシリー・カンディンスキー(Wassily Kandinsky)、パウル・クレー(Paul Klee)、ヴァルター・ペーターハンス(Walter Peterhans)、ヨースト・シュミット(Joost Schmidt)などに師事した。彼らの実験的な指導法は作者に消えることのない影響を色濃く残すこととなった。16シートからなる本シリーズ『DIE PROGRAMMIERUNG DES SCHÖNEN (PROGRAMMING BEAUTY)』のタイトルは、哲学者で情報理論美学の提唱者マックス・ベンセ(Max Bense)がプログラムされたコンピューターグラフィックについて著した本から由来している。作者の友人だったベンセは、作者の作品に「例えば、自由でありながら意識的な手段の選び方、創造行為の核心を教える」卓越した戦略としての「教育学的な影響」が現れていると評した。

The Bauhaus Dessau Foundation is dedicating a comprehensive exhibition to the impressive work of the artist, graphic artist and experimental filmmaker Kurt Kranz, who studied at the Dessau Bauhaus from 1930 to 1932. A unique oeuvre of serial works made Kranz, who would have celebrated his onehundreths birthday this year, a pioneer of generative and multiple arts in the 1960s. At the Bauhaus, Kranz had studied with teachers such as László Moholy-Nagy, Josef Albers, Wassily Kandinsky, Paul Klee, Walter Peterhans and Joost Schmidt. Their experimental teaching had a lasting influence. "Programming Beauty" - the title of this portfolio of 16 large-format panels - is borrowed from Max Bense's book of the same name, in which the philosopher and founder of information-theoretical aesthetics wrote about programmed computer graphics. Max Bense, a friend of Kranz saw in Kranz's work the "pedagogical effect" as an outstanding strategy "i.e. education for the free but conscious selection of means, the actual core of creative action."

by Kurt Kranz

REGULAR PRICE ¥5,800

portfolio sheets and booklet in a box
16 sheets + 16 pages
299 x 422 mm    
color, black and white
2011

published by SPECTOR BOOKS