DAS DÜNNE EIS DER ZIVILISATION - OPER: DER TEMPEL DER ERNSTHAFTIGKEIT by Alexander Kluge

ドイツ人作家、哲学者、映画監督であるアレクサンダー・クルーゲ(Alexander Kluge)の作品集。「THE POWER OF MUSIC」をテーマとした展覧会のキャッチフレーズに「音楽のない人生は間違っている」というドイツ人哲学者フリードリヒ・ニーチェ(Friedrich Wilhelm Nietzsche)の言葉を選んだ。ワイスハウプト美術館とウルム美術館では、最新の映像作品、文章作品からの抜粋、ヴィジュアル作品、芸術的な介入を組み合わせた作品など、華やかで楽しい展示が行われた。現実離れした誇張や夢のような物語を通じてドラマ、詩、内面性を厳かに表現する伝統的な劇場としての「DIE OPER(オペラ)」のエッセンスを凝縮した作品が勢ぞろいした。ゲオルク・バーゼリッツ(Georg Baselitz)、トーマス・デマンド(Thomas Demand)、カタリーナ・グロッセ(Katharina Grosse)、アンゼルム・キーファー(Anselm Kiefer)、サラ・モリス(Sarah Morris)、アンナ・フィーブロック(Anna Viehbrock)らの作品に加え、ジークフリート&ユッタ・ヴァイスハウプト・コレクションから選ばれた作品も同時収録。

“Without music, life would be a mistake.” Alexander Kluge chose this quote from Friedrich Nietzsche as the catchline for his multi-part exhibition project, which revolves around THE POWER OF MUSIC. His staging at Kunsthalle Weishaupt and Museum Ulm is a pyrotechnic display of pleasurable impressions combining the latest films, passages of text, visual works, and artistic interventions. They are a distillation of DIE OPER, that historical theatre of solemnity, with all its drama, poetry, and interiority, with its fantastic exaggerations and somnambulist narratives. With works by Georg Baselitz, Thomas Demand, Katharina Grosse, Anselm Kiefer, Sarah Morris, and Anna Viehbrock and a selection of works from the Siegfried and Jutta Weishaupt Collection.

by Alexander Kluge

REGULAR PRICE $14.00

softcover
87 pages
230 x 300 mm    
color, black and white
2020

published by SPECTOR BOOKS