COMMON OBJECTS by Lewis Baltz

アメリカ人フォトグラファー、ルイス・ボルツ(Lewis Baltz)の作品集。70年代後半に風景写真への新しい潮流「ニュー・トポグラフィックス」の一人として知られる作者の代表作「The Prototype Works (1967-1976)」や「Ronde de Nuit (1992-1995)」を収録。作者の作品がミケランジェロ・アントニオーニやジャン=リュック・ゴダール、アルフレッド・ヒッチコックといったヨーロッパ映画から影響を受けていたことを検証した内容となっており、各作品の間に透明フィルムに印刷された映画のスティル・イメージが挟まれる仕様から、作者の作品と映画の対話形式のような造りとなっている。

Common Objects revisits Lewis Baltz’s most remarkable series from The Prototype Works (1967–1976) to Ronde de Nuit (1992–1995), and interrogates for the first time the influence of European cinema (Antonioni, Godard, Hitchcock) on his work. Baltz’s seminal series The Prototype Works, The Tract Houses (1969–1971), Candlestick Point (1987–1989), Sites of Technology (1989–1991) and Ronde de Nuit are presented in dialogue with stills from several films: Alfred Hitchcock’s Saboteur and Psycho, Michelangelo Antonioni’s Zabriskie Point, La Notte and Red Desert, and Jean-Luc Godard’s Les Carabiniers.

by Lewis Baltz

REGULAR PRICE ¥7,500
国内送料無料 / Free international shipping over 50,000 yen.

softcover
112 pages
275 x 275 mm
color, black and white
2014
 

published by LE BAL