COLOSSAL CACTI by Office Kovacs, Phil Donohue

アメリカの建築スタジオ、オフィス・コバック(Office Kovacs)と、アメリカ人フォトグラファー、フィル・ドナヒュー(Phil Donahue)の作品集。カリフォルニア州インディオの砂漠地帯で行なわれる野外音楽フェスティバル「コーチェラ・ヴァレー・ミュージック・アンド・アーツ・フェスティバル」でオフィス・コバックが発表した7柱の「コロッサル・カクティ」をドナヒューが撮影。このインスタレーションの目的は、フェスティバルの来場者に休憩や待ち合わせのための場所を提供しつつ、高層ビルの代わりにサボテンが立ち並ぶスカイラインの背景を作り出すことだった。オフィス・コバックのプロジェクトには、スケールとサイズによって面白さを生み出し、見ればすぐにそれとわかる普遍的な形やファウンドオブジェを使った、楽しい色彩と遊び心が溢れる構成というテーマが繰り返し登場する。この考え方は、彼らがデザインするもの全てに通底している。(『Architect』誌に掲載された建築家シェーン・ライナー=ロスの記事より抜粋)

7 Colossal Cacti. Brought to life during Coachella Festival by architecture studio Office Kovacs & photographer Phil Donahue. The aim was to provide shade and a place to rest or to rendez-vous for festival goers while also providing a backdrop that was reminiscent of a skyline―a skyline of cacti. The play of scale and size, the use of ubiquitous and recognizable shapes, of found objects and playful colors composed in a playful way, are themes that often occur in Office Kovacs’ projects. The mission is to not bring people to architecture, but rather to bring architecture to the people. This attitude runs through everything they design. (Excerpts from an article by Shane Reiner-Roth on Architect.)

by Office Kovacs , Phil Donohue

REGULAR PRICE ¥3,800

softcover
64 pages
210 x 297 mm
color
limited edition of 500 copies
2019

published by ART PAPER EDITIONS