CACHER by Thy Tran

「私のこの過剰なセンチメントを覆い隠そうとしたら、世の全ての人間関係に存在する欲望と拒絶、喜びと痛み、その相反する関係の中にある共通点に気付いてしまった。」

ベトナム系オーストラリア人フォトグラファー、ティ・トラン(Thy Tran)の作品集。作者と以前交際をしていた同性パートナーとの複雑な関係が2015年から2017年にかけて記録されている。ごく私的な空間と共に過ごした儚い瞬間を組み合わせることで、繋がりと別離との間に生じる緊張感が一つの観点として機能し、二人を描いた一つの肖像として作者のプライベートな世界観を見るものへ露わにしている。かと思えば作者とその愛する女性の顔をどちらも不明瞭に写してもいる。それはむしろ、スーパーマーケットのような日常風景や、前夜より椅子にかけられたまま積み上げられた服といった、二人のより親密かつ曖昧な関係性の細部を際立たせている。タイトルである「CACHER(フランス語で「隠す」の意)」は、フランス人批評家、哲学者であるロラン・バルト(Roland Barthes)作『恋愛のディスクール(英題:A Lover’s Discourse)』に由来。作者は「写真が発する脆弱性に向けて自分自身の心を開く行為」としており、その描写はテーマを露骨に表し、また逆説的にテーマを取り除きもする。本作においてこの試みは、制約されない一つの言語の中に存在する親密性を再構成している。

“As I try to mask the excess of my sentiment, I’ve come to acknowledge the common ground between desire and denial, pleasure and pain that lies in all human relationships.”

Taken between 2015 and 2017, Thy Tran’s photographs document the intricacies of her relationship with her former girlfriend. Combining the private space and the transient moments of their time together, the tension between connection and disconnection serve as a vantage point, revealing her private world to public eyes in a blended portrait of both the artist and her partner. Obscuring the faces of both herself and her lover, Tran’s images explore the more intimate and obscure details of a relationship, from mundane visits to a supermarket, to the pile of clothes casually thrown on the chair from the night before.

CACHER (from the French for ‘to hide’) derives from Roland Barthes’ A Lover’s Discourse, and serves, as Tran says, as an “act of opening up myself to vulnerability that the photographs release”. Tran’s work serves to remove its subjects at the same time as paradoxically making them explicit; in CACHER, her practice reconfigures the intimate in a language that is uninhibited.

by Thy Tran

REGULAR PRICE ¥6,000

hardcover
88 pages
240 x 180 mm
color
limited edition of 200 copies
2018

published by NB