BURE by Jürgen Nefzger

ドイツ人フォトグラファー、ユルゲン・ネフツガー(Jürgen Nefzger)の作品集。フランスのグラン・テスト地域圏のムーズ県にある小さなコミューン、ビュール(Bure)では、何十年にも渡って原子力発電反対派のフランス人やドイツ人が高レベル放射性廃棄物の最終処分地の建設反対運動を続け、ルジェックの森の中でこの反対運動は発達していった。作者は森を仮の住処にした反対派の人々の日々の生活を記録、そのキャンプが2018年2月に撤去されるまで撮り続けた。本書のイメージは、完全に武装した国家権力と、一見して全く勝ち目のない数名の個人による抵抗とのアンバランスさを浮き彫りにしている。しかしそれでも、本質的に隠れてしまっているこの抵抗運動は、断固として「NO」であるという意思を表明している。写真を通じて現代の市民による抵抗運動を長期的に研究した本作は、ヘンリー・デイヴィッド・ソロー(Henry David Thoreau)の著書『市民の反抗』に影響を受けている。1849年に発表されたこの革新的なエッセイは、作者の写真を補完するものとして収録されている。

In Bure, a small French commune in the Meuse department in the Grand Est region, French and German opponents of nuclear power have been campaigning for decades against the construction of a permanent disposal site for highly radioactive nuclear waste. The opposition movement took shape in the Lejuc forest, where Jürgen Nefzger photographed the everyday life of a group of protesters who had made the woods their temporary home until the camp was cleared in February 2018. The images clearly show the asymmetry between a heavily armed state and the resistance of a few individuals, who at first glance seem to have no chance. As a gesture, however, the protest has an inherent latency, representing an irrepressible “no”. Bure—a long-term photographic study of modern-day civil resistance—is influenced by Henry David Thoreau’s text On the Duty of Civil Disobedience. This groundbreaking essay from 1849 is published here as an accompaniment to Nefzger’s photographs.

by Jürgen Nefzger

REGULAR PRICE ¥4,500

softcover
92 pages
240 x 300 mm    
color
2019

published by SPECTOR BOOKS