BOOK OF ROY by Neil Drabble

イギリスを拠点に活動するアーティスト、ニール・ドラブル(Neil Drabble)の作品集。1998年から2005年にかけて、アメリカ人ティーンエイジャー「ロイ」が少年から成年へと成長していく過程をイメージに捉えた。本書に収められた大量の写真はいつまでも色褪せることのない一時期の記録としても魅力的だが、それとじっくりと向き合うことによってコラボレーションやパートナーシップといった関係性や「1人の人間を追ったポートレイト」であると同時に「思春期の普遍的なイメージ」でもあるという機微なニュアンスが見えてくる。家族アルバムに出てくるような重要な出来事や、記録写真につきものである決定的瞬間などはあえて描写していない代わりに、通常は写真にされることのない気だるい時間、日常の中の「どっちつかずの瞬間」に注力している。幼少期と青年期の中間にある思春期には、もうすぐ大人になるという期待感と外の世界から守られてきた幼少期が失われることへの未練との間で葛藤が生まれる。顧みられることのない時間の取るに足らない変化にフォーカスしたこの写真は、見る者を思春期の真っただ中にいるような気持ちにさせる。人格が形成される重要な時期に1人の人物を親密な関係性の中で繰り返し撮影していると、自己の鏡像を作っているような感覚が湧き出てくる。それはまるで青年期にあるアーティスト自身の中に眠っている何かを再び目覚めさせるような、ポートレイトとセルフポートレイトの境界線を曖昧にするような作業である。陰鬱な1970年代のマンチェスターでアメリカのTV番組を見ながら育った作者は、ピザを食べ、ドクター・ペッパーを飲み、友達と夜遅くまで電話でおしゃべりして、雨の中バス停で待つのではなく自分の車を運転して好きなところへ行く、そんなティーンエイジャーたちがTVの中で送っているキラキラ輝く思春期の日々について妄想していたという。この作品で作者は、ロイを撮るというプロセスと、年上のフォトグラファーと年下の被写体との間で生まれたコラボレーションによって10代の自分を再演し、大西洋を越えて思いを馳せていたアメリカ人の若者の代役であるロイのあらゆる姿に自分自身を重ね合わせることができたと解釈することもできる。

From 1998 to 2005 Neil Drabble photographed an American teenager, Roy, as he grew from adolescence to early manhood. On one level this extensive body of work can be viewed as a fascinating document of an always-compelling transition. Closer scrutiny reveals further nuances; a collaboration, a partnership, a personal portrait and at the same time a universal picture of adolescence. Drabble chose not to depict significant events that might appear in a family album nor definitive moments associated with documentary photography. Instead, these photographs concentrate on the listless, off-scene periods, the ‘in between moments’ of everyday life. This focus on the marginal passages of disregarded time situates the viewer at the heart of adolescence, defined as the period between childhood and adulthood, suspended between longing (for the deferred promise of adulthood) and regret (for the loss of childhood as refuge). By photographing the same person repeatedly and intimately over their formative years, a sense of mirroring began to emerge, reawakening something of the artist’s own adolescent self, blurring the line between portrait and self-portrait. Neil Drabble grew up in a grey, 1970s Manchester, watching American TV shows, and fantasising about a perceived glamour of an adolescence lived in places where teenagers ate pizza, drank Dr Pepper, chatted on the phone to friends until late and drove cars rather than waiting at rainy bus stops. The process of picturing Roy and the collaboration between the older photographer and younger subject allowed Drabble in some ways to re-stage his own teenage years and vicariously engage with aspects of an alternate American youth he had coveted across the Atlantic.

by Neil Drabble

REGULAR PRICE ¥7,000

hardcover
132 pages
220 x 280 mm
color
2019

published by MACK