THE COMPLETE EDITIONS by Blinky Palermo

ドイツ人アーティスト、ブリンキー・パレルモ(Blinky Palermo)の作品集。マフィアの名を自身の作家名に取り入れた作者(本名:ペーター・ハイスターカンプ / Peter Heisterkamp)は、布と金属を用いた大型の抽象絵画作品をはじめ、オブジェやインスタレーション作品などが知られている。知名度こそ落ちるもののそれらと同様に興味深いのが、スクリーンプリントやオフセットプリント、リソグラフやオブジェ、そして絵画の習作などをはじめとしたエディション作品である。それらを俯瞰してみると、1960年代から1977年、33歳での早過ぎる死に至るまで、作家としての成長が見えるだけでなく複製技術の可能性を取り入れ、自身の作品の幅を意識的に広げていたことも知ることができる。コロン在住のコレクター、ウルリッヒ・ライニングハウスの寄贈により、作者のエディション作品全てがルートヴィヒ美術館に所蔵され、詳細な学術的研究がなされた後、展覧会としては初めてその作品群が展示された。本書はその展覧会に伴い刊行され、フレッド・ヤーンによる絶版となっていた1983年のカタログ・レゾネのアップデート版も収録。

EXHIBITION:

ボイス+パレルモ
会期:2021年4月3日(土)- 6月20日(日)
時間:10:00-17:30 月曜休館
開催場所:豊田市美術館
詳細

会期:2021年7月10日(土)- 9月5日(日)
時間:10:00-17:30 月曜休館
開催場所:埼玉県立近代美術館
詳細

会期:2021年10月12日(火)-2022年1月16日(日)
時間:10:00-17:00 / 夜間開館(金・土) 10:00–20:00
月曜休館
開催場所:国立国際美術館
詳細

Peter Heisterkamp, whose artist's name goes back to the mafioso Frank "Blinky" Palermo, is known for his large fabric and metal pictures as well as his objects and installations. Less well known, yet no less interesting, are the works he created in editions: screen prints and offset prints, lithographs, objects, and a template for painting. In their entirety, these works not only reflect Palermo's development from the 1960s to his early death in 1977, but also show how the artist deliberately expanded his work with the possibilities of technical reproduction. Thanks to a donation from the Cologne collector Ulrich Reininghaus, in 2018 a complete set of Palermo's editions became part of the Museum Ludwig's collection. After having been subject to an in-depth scholarly research, they will now be presented in an exhibition for the first time. The exhibition catalogue also includes an updated version of Fred Jahn's out-of-print catalogue raisonné from 1983.

by Blinky Palermo

REGULAR PRICE ¥6,380  (tax incl.)

hardcover
216 pages
241 x 178 mm
color, black and white
2020

published by WALTHER KÖNIG