BERLIN LIVING ROOMS by Dominique Nabokov

アメリカとフランスを拠点に活動するフォトグラファー、ドミニク・ナバコフ(Dominique Nabokov)の作品集。

ドイツの首都に数カ月滞在しないかとベルリンのアメリカン・アカデミーから招待された時、これは『Berlin Living Rooms』を制作する最後のチャンスになると思いました。2014年のベルリンは、私が知っていた東西に分断され疲弊した1960年代と1970年代のベルリンとは似ても似つかないものでした。今やベルリンは世界中の若者が住みたいと願い、数々の有名アーティストが制作の拠点に選ぶ輝かしい都市に成長しました。『ベルリンの風』は今でも感化力を持っています。新参者の持つ喜びと好奇心に突き動かされて、私はのぞき見するように旅を始めました
—ドミニク・ナバコフ

本作は、完売となっていた『Berlin Living Rooms』の第二版。インテリア雑誌『APARTAMENTO』と作者は、同誌の第5号に『Paris Living Rooms』(2002年)と『New York Living Rooms』(1998年)から抜粋した美しいインテリアの写真を掲載したことをきっかけに、長い年月をかけて親密な関係性を築いてきた。本プロジェクトは、20年以上の歳月を経て進化し、インテリア写真集における三位一体的なものとして評価されている。アメリカ人作家、ダリル・ピンクニー(Darryl Pinckney)と『ZEIT Magazin』編集者、クリストフ・アメンド(Christoph Amend)のテキストを収録。

再建され作り直された都市である今日のベルリンにおいて、ミニマリズムはもはや伝統的手法からの逸脱を象徴するものではない。それ自体が、非常に強力で意識的な一つの伝統になっている。その他の決定の根拠となるプラットフォームとしてミニマリズムにアプローチする人もいる。結局のところ、自由の本質は選択にあるのだ
—ダリル・ピンクニー

When I received an invitation from the American Academy in Berlin to spend a few months in the German capital, I knew it would be my last chance to at last make Berlin Living Rooms. The Berlin of 2014 was a far cry from the divided and battered Berlin of the 1960s and 1970s I had known. It was now a glorious city where all the young people of the world wanted to move and where many famous artists had chosen to work. The Berliner Luft was still contagious. I embarked on my voyeuristic journey with the gusto and curiosity of a new visitor’Dominique Nabokov

It is APARTAMENTO's sold-out publication Berlin Living Rooms, by Dominique Nabokov, out worldwide again. Over the years the publishing house developed a close relationship with Dominique, after featuring a selection of her beautiful interior photos from Paris Living Rooms (2002) and New York Living Rooms (1998) in issue #5 of the magazine. They are touched to have had the privilege of publishing the third instalment in a project that has evolved for more than 20 years to become a sort of holy trinity of interior photography books. Berlin Living Rooms features original photography by Dominique Nabokov and texts by American novelist Darryl Pinckney and ZEIT magazin editor Christoph Amend.

In the Berlin of today, city of the rebuilt and remade, minimalism no longer symbolises a break from convention. It has become itself a very strong and conscious tradition. Some people approach it as a platform on which to base other decisions. After all, the essence of freedom is choice’. Darryl Pinckney

by Dominique Nabokov

REGULAR PRICE ¥6,800

hardcover
120 pages
240 x 285 mm
black and white
2019

published by APARTAMENTO