BELONGS TO JOE by Casper Sejersen

デンマークを拠点とするフォトグラファー、キャスパー・セイェルセン(Casper Sejersen)による、ラース・フォン・トリアー監督の映画『ニンフォマニアック』の台本への解説として編集されたフォトエッセイブック。プルーストの『失われた時を求めて』やフィボナッチ数、アイザック・ウォルトンの『釣魚大全』、バッハの作曲原理など様々な要素が映画の台本に用いられている。キリスト教会の歴史や、サディズム、ファシズム、植物学など様々な題材が重なり合って複雑になった物語を、作者の写真と美術歴史学者、Cecilie Høgsbroの文章で紐解いていく。

Belongs to Joe is a photographic essay, compiled as set of notes on Lars von Trier’s film script for Nymphomaniac. The script’s elemental material draws from varied sources: Proust’s In Search of Lost Time, Fibonacci numbers, Izaak Walton's The Compleat Angler, and Bach’s principles of composition – material woven in a continuous chain of associations embracing ecclesiastical history, sadism, fascism, pyrotechnics and botany.

by Casper Sejersen

REGULAR PRICE ¥7,500
国内送料無料 / Free international shipping over 50,000 yen.

hardcover
160 pages
247 x 305 mm
color
2015

published by MACK