BAUHAUS / DOCUMENTA. VISION AND BRAND [ENGLISH EDITION]

ノイエ・ガレリー(ドイツ・カッセル)で2019年5月から9月に開催された展覧会「BAUHAUS / DOCUMENTA. VISION AND BRAND」に伴い刊行された作品集。第一次世界大戦後にドイツ中部の街ワイマールに設立された美術学校「バウハウス」と、同じくドイツ中部の小都市カッセルで1955年以来5年に1度開催されている国際美術展「ドクメンタ」。どちらも国際色豊かで革新的な現代ドイツを代表する世界的に成功した文化のブランドである。どちらも文明が崩壊した時に生まれたものであり、芸術と文化は人間を開放し自由にする力を持っているという考え方を体現している。この二つを並列的に考察することによって類似点と相違点が浮かび上がり、お互いがお互いをある程度補完する関係性にあることが明らかになる。バウハウスは大量生産されるものと日常における使用、普遍性の概念、消耗品であるもののデザインを。一方ドクメンタは、一点ものの芸術作品との出会い、多様性の経験、資本主義的な大量消費文明の批判を重視した。本書は厳選した当時の資料に支えられた批評的なエッセイを通じ、今再び議論の的となっているこの2つの文化ブランドの、基本的でありながらしばしば見過ごされてきた側面を検証する。

Bauhaus and documenta are two globally successful cultural brands, representing a modern Germany that is both cosmopolitan and innovative. They both came into being at a time when civilization was in a state of collapse, and they both exemplify the idea of the liberating power of art and culture. Looking at them in parallel brings out their similarities and differences and reveals that to some extent they serve to complement one another: for the one, the focus is on mass-produced articles and their everyday usage; the idea of universalism; and the design of consumer goods; for the other, encounters with unique artworks; the experience of diversity; and the critiquing of capitalist consumerism. In a series of critical essays, bolstered by a selection of original material, the publication examines fundamental, yet frequently overlooked aspects of the two cultural brands, whose profile is now once again a controversial subject of debate. The book is published in conjunction with the exhibition presented at the Neue Galerie Kassel from 24 May to 8 September 2019. Text by Gerda Breuer, Bazon Brock, Kathryn M. Floyd, Andreas Gardt, Walter Grasskamp, Martin Groh, Birgit Jooss, Christiane Keim, Harald Kimpel, Gila Kolb, Julia Meer, Philipp Oswalt, Anna Rühl, Nora Sternfeld, Daniela Stöppel, Annette Tietenberg, Fred Turner, Daniel Tyradellis, Wolfgang Ullrich, Frank Werner a.o.

REGULAR PRICE ¥6,000

softcover
304 pages
237 x 324 mm    
color, black and white
2019

ENGLISH EDITION

published by SPECTOR BOOKS