ARK JOURNAL VOLUME VI AUTUMN/WINTER 2021

スカンジナビア発、年二回刊行のインテリア雑誌『ARK JOURNAL』の第6号。世界中の美しい住居とそこに住む人々の物語は、空間がただ美しい家具やアートを置くこと以上に哲学やパーソナリティの表現であることがわかる。2019年にデンマークの有名インテリア雑誌のエディター、スタイリストを長年勤めるメッテ・バーフォード(Mette Barfod)が創刊した本誌は「私たちの周りの空間、そこに置くオブジェクト、そのオブジェクトの作り手」をテーマにしている。建築、デザイン、アートの相互作用にスカンジナビアの価値観や美学を通してフォーカスする。毎号4種類の表紙が用意されている。

掲載作家:
イルゼ・クロフォード(デザイナー、クリエイティブ・ディレクター、作家)、ジョニー・ヨハンソン(Acne Studios)、マーク・マンダース(アーティスト)、アマリリス・ジェイコブス(gallery MANIERA)、マレーネ・ヴィッツ&ニコライ・ロレンツ・メンツェル(デザイナー、建築家)、ジャスティン・ベル(建築家、エッセイスト)

※ 本書は印刷や製本、紙の性質上、細かなスレなど軽度のダメージがある可能性がございます。予めご了承ください。

We live in a time of immense change and hyper-sensitivity, with an acute awareness of how much everything we design, make and produce will resonate now and in the future. We have dedicated Volume VI to the bright minds and talents who have captivated and inspired us in a time of flux and we take our lead from thoughtful designers, artists, architects, and curators with strong views and priorities.
A leading voice is the designer, creative director and author Ilse Crawford, whose humanistic approach to design fosters wellbeing. Hers is a simple mission to put human needs and desires at the heart of her work.

Look out for insightful reflections from Jonny Johansson, the mastermind behind Acne Studios, artist Mark Manders, Amaryllis Jacobs of gallery Maniera, architect-designer couple Malene Hvidt and Nikolaj Lorentz Mentze, and architect/essayist Justine Bell.
We draw special attention to creators, and their different perspectives on craftsmanship and making. We believe that the revival of craft and the placing of a higher value on the act of making will be important in the future.

REGULAR PRICE ¥3,300  (tax incl.)

softcover
240 pages
236 x 315 mm
color
2021

published by ARK JOURNAL