ARCHITECTURE ITSELF AND OTHER POSTMODERNIZATION EFFECTS

2018年11月から2019年4月にカリフォルニア美術大学で開催された、ポストモダン建築に焦点を当てた展覧会「ARCHITECTURE ITSELF AND OTHER POSTMODERNIST MYTHS」(カナダ建築センター主催)に伴い刊行された作品集。ポストモダン建築には、次の4つの主な信念がある。「建築はモノの物質性とは全く別のものである」「今この瞬間にも歴史が影響を及ぼしている」「イメージに支配された文化が出現すると、建築家は図面を作品に匹敵するものとして扱うことができるようになった」「展示空間を作り出しているのは建築だと主張することによって、建築は芸術としての地位を確立した」この信念体系における、それぞれ深い歴史的ルーツを持つ4つの枝が最初の「グローバルスタイル」に変わっていった背景には、アメリカの大企業による市場進出の拡大があった。本書は、20世紀後半に建てられたポストモダンを代表する建築物から回収した断片に加え、カリフォルニア美術大学やその他の美術館のコレクションに含まれているアーカイブ資料を収録。

Postmodern architecture was characterized by four dominant beliefs: that architecture was distinct from the materiality of things; that history had an operative role to play in the present; that the emergence of a culture dominated by images enabled architects to equate drawing with authorship; and that architecture could secure its status among the arts by staking a claim to the exhibition space. While each strand of this belief system had deep historical roots, the expanding reach of American corporations played a crucial role in transforming these ideas into what was then termed the first global style. Architecture Itself and Other Postmodernization Effects features a series of fragments salvaged from canonic buildings of the late twentieth century together with archival materials from the CCA and other museum collections. The book is published in conjunction with the exhibition organized by the Canadian Centre for Architecture, Montreal, and presented at the CCA from November 2018 to April 2019.

REGULAR PRICE ¥5,800

softcover
318 pages
240 x 310 mm    
color, black and white
2020

published by SPECTOR BOOKS