APARTAMENTO COOKBOOK #6: SOMEHOW SALADS

スペイン発のインテリア雑誌『Apartamento』が2016年よりスタートした、年一回刊行のレシピブック『Apartamento Cookbook』シリーズ。第6号は『Apartamento Cookbook #6: Somehow Salads』。今回は「なんとなく」サラダに特化している。「Somehow Salads」、確かに幾分もっともらしいサブタイトルではある。そこの点がどういうことかをはっきりさせておくと、6年前にこの料理の旅に乗り込んで、今回の第6章に終わりが訪れたあと、制作チームはこのようなレシピ集を定義するのに「サラダ」という言葉が十分な包容力を持っているのかどうか疑問に思い始めていた。スペイン・タラゴナの「Bar Cortijo」に勤める友人が作った豚の耳のカクテル? ロンドンの「Bao」が賄いで出す深夜のほろほろ鳥料理? ミシュランの星を獲得したパリ「Septime」の野菜のグリルとグレーズ? 韓国のトップシェフが手がける日々の定番料理やアサリの酢コチュジャンソース煮込み? その判断は読者にお任せする。カリフォルニアのコミューンで採れた海藻、焦がしピーカンナッツのドレッシング、ロメスコ・ソース、ワインメーカーや作家、1970年代にゴードン・マッタ=クラーク(Gordon Matta-Clark)と一緒にレストランを開いた料理人のチーズで焼いたサラダなどが登場する。以上のように、レシピブック『Apartamento Cookbook』シリーズの第6号は、多様な「ファミリー」で構成されていて、独創的な「なんとなくサラダ」のシリーズとして、飽きのこない内容で構成されている。

ドローイングは日本人イラストレーターの塩川いづみが手がける。

特集:アンダース・フレデリック・スティーン(Anders Frederik Steen)、バー コルシオ(Bar Cortijo)、ベルトラン・グレボー(Bertrand Grébaut)、キャロルグッデン(Carol Goodden)、 クラウディア・ローデン(Claudia Roden)、エルチェンチャン(Erchen Chang)、ファトマタ・ビンタ.(Fatmata Binta)、ジナ・カイヤー(Jina Khayyer)、ラースロー・マリー・バデ(Laszlo Marie Badet)、ローラ・ベラグアス(Laura Veraguas)、レキシー・スミス(Lexie Smith)、マックス・ロシャ(Max Rocha)、ミングー・カン(Mingoo Kang)、ノーマ・リストマン&シャキブ・ケヴァル(Norma Listman & Saqib Keval、ジェレミー・スチッパー&フリッツ・ハーク(Jeremy Schipper & Fritz Haeg)、ステファニーアレクサンダー(Stephanie Alexander)

EXHIBITION:

chefs by Izumi Shiokawa for Apartamento Cookbook #6: Somehow Salads
会期:2022年2月1日(火) - 2月26日(土) 日曜・月曜定休
時間:12:00-17:30
開催場所:buik
詳細
※本展は終了いたしました

IZUMI SHIOKAWA PEN, PENCIL, PEOPLE, ANIMALS AND PLANTS
会期:2022年6月14日(火) - 2022年6月26日(日) 月曜定休
時間:12:00-19:00
開催場所:UTRECHT / NOW IDeA
詳細
※本展は終了いたしました

IZUMI SHIOKAWA PEN, PENCIL, PEOPLE, ANIMALS AND PLANTS
会期:2022年7月8日(金) - 2022年7月10日(日) 、2022年7月15日(金) - 2022年7月18日(月・祝)
時間:11:00-16:00
開催場所:SALT and CAKE
詳細

We’re back with the sixth annual Apartamento cookbook, this time dedicated, somehow, to salads. Somehow salads? Surely a somewhat spurious subtitle. Well, let us set the record straight: after coming to the end of this chapter in the culinary journey we embarked upon six years ago, we started to wonder whether the term ‘salads’ was broad enough to define such a collection of recipes. Pig’s ear cocktail from our friends at Tarragona’s Bar Cortijo? Late-night guinea fowl, the original staff meal from Bao, London? Grilled and glazed greens from Septime, Paris, the type to earn them a Michelin star? Or the everyday life classic from one of South Korea’s top chefs, his clams in cho-gochujang sauce? We’ll leave it up to you to decide… Then there’s seaweed from a California commune, burnt-pecan dressing, romesco sauce, winemakers and writers, and a salad baked in cheese from the cook who opened a restaurant with Gordon Matta-Clark in the ‘70s. All up, the sixth annual Apartamento cookbook is a broad family, a seminal series of somehow salads to keep you coming back for more.

Drawings by Izumi Shiokawa

Featuring: Anders Frederik Steen, Bar Cortijo, Bertrand Grébaut, Carol Goodden, Claudia Roden, Erchen Chang, Fatmata Binta, Jina Khayyer, Laszlo Marie Badet, Laura Veraguas, Lexie Smith, Max Rocha, Mingoo Kang, Norma Listman & Saqib Keval, Jeremy Schipper & Fritz Haeg, Stephanie Alexander.

REGULAR PRICE ¥4,950  (tax incl.)

hardcover
44 pages
170 x 240 mm
black and white
2021

published by APARTAMENTO