ANAMNESIS by Aliki Christoforou

ブリュッセルとパリを拠点に活動するギリシャ人アーティスト、アリキ・クリストフォロウ(Aliki Christoforou)の作品集。2017年12月29日に激しい交通事故に遭った作者が、長い入院生活の中で撮り溜めた一連のモノクロ写真をまとめた1冊。

フィルムを現像してみると、驚いたことに、写真に写っている多くの瞬間がまったく思い出せないのです。私からかけ離れていて曖昧で、私の記憶から完全に消し去られていた。本当にこの発見にはぞっとしました。このブラックアウトの原因は何なのでしょうか?頭の傷か、薬のせいなのか。病院で過ごしたあの長い日々は何だったのでしょう。

ロラン・バルトの『それが、かつて、あった( Ça-a-été)』でも知られているように、写真の指標価値に関しては多く語られています。この写真を通じて明らかになったことは、確かに起こっていた出来事ではあるけれど、私の中での現実に対する認識と一致しないということです。あの不確かな期間の難解な記憶をこの写真ではっきりさせるために、ベールに包まれて不透明でミステリアスな雲の中にいる私の存在を、暗室で現像しました。私の記憶の欠落と、今自分がおかれている奇妙なパラドックス、そして事件を無視したいという強い気持ちと同時に記憶しなければならない気持ちを写し出しているのです。

アリストテレスは、記憶について2つの言葉を使いました。一つは『受動的記憶』を意味する『ムネーメ(mneme)』[μνήμη] 。自分の人生の中での知覚している瞬間の単純な保存です。もう一つは『能動的記憶』あるいは『想起』を意味する『アナムネーシス( anámnesis)』[ἀνάμνησις] 、つまり自分の前世から抽出した記憶を探索することです。何が言いたいかというと、ムネーメは精神と結びついていて、アナムネーシスは魂に由来している。忘却の彼方から記憶を問うのです。


On December 29th, 2017 Aliki Christoforou (b. 1992, Greek/Belgian) was the victim of a severe traffic accident that immobilised her in hospital for a prolonged time. Anamnesis was born from a series of black and white photos taken during this extensive hospitalisation:

When I developed the rolls of film, I had to my surprise no recollection of many of the moments that appeared in the images. They were greatly distant and obscure to me; completely eclipsed from my memory. This finding was terrifying. What was the origin of these blackouts? My head trauma or the medication? The interminable days spent in the hospital?

Much is said about the indicial value of photography, of the famous ‘ça-a-été’ of Barthes. What was revealed to me through these photographs had indeed taken place, yet it did not correspond with my perception of reality. In order to unveil in these images the recondite memories of that uncertain period, as they existed to me in a veiled, opaque and mysterious cloud, the prints have been manipulated in the darkroom to reflect both the failures of my memory and the strange paradox I find myself in now: a strong feeling to neglect the incident and, at the same time, the need to remember.

Aristotle used two terms to speak of memory. On one hand there was the ‘mneme’ [μνήμη] for passive memory, that is the simple conservation of a perceived instant of one’s life, and on the other hand there was the ‘anamnesis’ [ἀνάμνησις] for active or reminiscent memory, that is the search for memories extracted from one’s previous lives. Hence, mneme is linked to the mind while anamnesis derives from the soul. Anamnesis interrogates memory from oblivion.

by Aliki Christoforou

REGULAR PRICE $38.00

hardcover
72 pages
200 x 260 mm
black and white
limited edition of 500 copies
2021

winner of the 2021 Libraryman Award

published by LIBRARYMAN