AMC2 JOURNAL ISSUE 10

先史時代から現代に至るまでの資料や記録を蒐集するAMCから発行される「Amc2 journal」シリーズ。写真を中核とした幅広いテーマを扱う膨大なコレクションの中からイメージを編集し絡み合わせることで、思い掛けないような世界の本質が浮かび上がってくる。Issue 10では、アフリカに関連する3つのアーカイブコレクションを掲載。1つは、自然や善悪を主な題材とするナイジェリア発の通称「Nollywood」映画で頻繁に描かれる、魔女狩りや殺人、強欲といった、その映画の重苦しい内容と対比をなす製作現場を写したコレクション。 2つ目は、1970年代にカメルーン首都ヤウンデで国内では初となるカラー写真スタジオとして創業し、一風変わったスタジオとして知られた「Photo Jeunesse」に残された数々のフィルムを現像した写真コレクションを収録し、30年の間に同国が経た社会の変化が映し出されている。最後は、フランスのオルレアン公が収集した美術品コレクション、そしてロンドンの剥製師ローランド・ワードより集められたアフリカからヨーロッパへと海を渡った剥製姿の動物達に関するアーカイブが収録されている。

Nigeria's ‘Nollywood’ film industry’s obsession with the nature and manifestations of ‘good’ and ‘evil’ and its persistent representation of vice, witchcraft, murders and money lust is colourfully satirised in a sequence of behind-the-scenes images. (In terms of quantity of output, Nollywood is second only to Bollywood, and beats Hollywood into third place.) Based in Cameroon's capital Yaounde since the 1970s, Photo Jeunesse was the country's first colour photographic studio, and pictures from its negative archive record the work of a vibrant and often eccentric photo studio and reveal the transformation of Cameroonian society over a 30-year period. A collection of taxidermy images belonging to the eccentric Duc d’Orleans and others drawn from London taxidermist Rowland Ward describe the legacy of resource drain from Africa to Europe. Juxtapositions such as that in which a leopard strolls peacefully beneath a basking lion is pre-Photoshop Photoshop through taxidermy.

REGULAR PRICE ¥4,500
国内送料無料 / Free international shipping over 50,000 yen.

softcover
84 pages
210 mm x 210 mm
color
2014

published by AMC (ARCHIVE OF MODERN CONFLICT)