ALMA by Philip Gaißer, Niklas Hausser

ドイツ人アーティスト、フィリップ・ガイザー(Philip Gaißer)と同じくドイツ人アーティスト、ニクラス・ハウサー(Niklas Hausser)の作品集。りんごとアナログ写真をテーマとして作者は果樹園芸学者に協力を仰ぎ、有名無名の様々な種類のりんごを探し求めた。今はもう忘れ去られた珍しい品種のりんごを撮るために、庭のフェンスをよじ登ったこともあるという。この「りんごシリーズ」のために、作者は23の異なる35mmフィルムを使用した。フィルムもまた、例えば「FUJICOLOR PRO 400H」をりんごで置き換えると「パイナップル・レネット」という品種同じくらい手に入れることが難しくなっている。カザフスタン原産のりんご「ALMA」からタイトルを付けられた本書は園芸図鑑であるだけでなく、同じように急な変化を体験し多様性を失ったものを写真で表現することによってアナログという技術の消滅を批判している。また、産毛、変色、斑点といった傷みが持つ特殊な美しさを含む、形・色・粒子・輪郭の僅かな違いを比較できるアーカイブ集としても読むことができる。

The apple and analogue photography: the two artists Philip Gaißer and Niklas Hausser have joined forces with pomologists to search for well-known and less well-known apple varieties. Sometimes they even climbed over garden fences to pick up those rare specimens that have now been forgotten. For this apple series, they used 23 different 35mm films, the acquisition of which has become as difficult as that of the apple variety "Pineapple Renette" (Fuji Pro 400H). The book "Alma" - named after the original apple from Kazakhstan - is not only a pomological encyclopaedia, but also a photographic commentary on the disappearance of analogue image technologies on the basis of an object that is also subject to rapid change and has lost its diversity. "Alma" reads like a compendium of the subtle differences in shape, colour, grain and sharpness - including the serial beauty of the flaws such as fluff, colour casts, rot spots.

by Niklas Hausser , Philip Gaißer

REGULAR PRICE ¥6,600

hardcover
212 pages
275 x 275 mm
color
2014

published by SPECTOR BOOKS