ALLAN KAPROW. POSTERS by Allan Kaprow

アメリカ人コンセプチュアルアーティスト、アラン・カプロー(Allan Kaprow)の作品集。1950年代に新たな芸術の形として鑑賞者や一般の人々を巻き込む展示方法「ハプニング(起こっている / Happening)」を創り出し、「環境(Environments)」、そして「アクティビティ(Activities)」の生みの親と言われている作者は、キャリアを通してこの異名を再定義し続けた。

1953年にニューヨークの「ハンサ・ギャラリー(Hansa Gallery)」で開催された初個展から、1996年にスイス・リースタルの「クンストハレ・パラッツォ(Kunsthalle Palazzo, Liestal)」での記録まで、幅広いイメージのセレクションと共に、作者の作品でもあまり知られていない一面であるポスターを収録したユニークな大判書である。

ほとんどのポスターは作者によってデザインされ、作者の美学に特徴づけられている。初期の作品は手書き文字とドローイングの組み合わせが印象深く、後期は写真とタイポグラフィーによるミニマリスト・スタイルとなっている。これらのポスターは単に「ハプニング」や「アクティビティ」を提唱するにとどまらず、「ハプニング」に参加する者への譜面やツールとして、またアートと生活の境界線をぼやかす日常的なものとして機能している。

Allan Kaprow (1927–2006) is considered to be the founding father of the Happening, of Environments and Activities: terms that he continued to redefine throughout his career.
With a wide selection of images, this publication, designed by Coline Sunier and Charles Mazé, documents Kaprow’s posters, a lesser-known side of his work, produced between 1953 for his first show at the Hansa Gallery, New York and 1996 at Kunsthalle Palazzo, Liestal.

Most of these posters were designed by Allan Kaprow and are characterized by their aesthetic quality, the earliest ones in particular a combination of hand-lettered text and drawings and the later ones of photographs and typographic text in a minimalist style.

More than merely advertising Happenings or Activities, these posters act as scores/tools for the participants to the Happenings and as everyday objects that blur the boundaries between art and life. - Daviet-Thery Editions

by Allan Kaprow

REGULAR PRICE $51.00

softcover (fold-out posters)
90 pages
297 x 432 mm
color, black and white
limited edition of 1,100 copies
2014

published by &: CHRISTOPHE DAVIET-THERY

published by WALTHER KÖNIG