COCORICO PAINTINGS by Adel Abdessemed

アルジェリア生まれのフランス人アーティスト、アデル・アブデスメッド(Adel Abdessemed)の作品集。本書は、北アフリカの職人が作ったリサイクル金属の短冊の集合体で作られた作品のシリーズで構成されている。有害廃棄物の容器から切り取った色鮮やかなリボンを、食品や飲料の缶から取った短冊と一緒に編んだり溶接し、ユニークなタペストリーを作りあげている。それぞれの作品には文化的な格言の形をとっていたり、音楽や美術史、文学の世界から引用された異なる言葉が付けられている。『Cocorico Paintings』は、物質的なレベルでの個人と産業の間における闘争の物語であり、大量消費とグローバル化した市場の世界における芸術の闘争でもある。スウェーデン人キュレーターであり美術批評家のダニエル・ビルンバウム(Daniel Birnbaum)がエッセイを寄稿。

Each work is an assemblage of strips of recycled metal made by North African craftsmen. Brightly-coloured ribbons cut from toxic waste containers are knitted together or welded with strips from food and drink cans to make unique tapestries, and each one is adorned with a different phrase. These words often take the form of cultural maxims, or are drawn from the realms of music, art history or literature. The Cocorico Paintings tell the story of a struggle between the individual and the industrial at a material level; the struggle of art in a world of mass consumption and globalised markets. Featuring an essay by Swedish curator and art critic, Daniel Birnbaum.

by Adel Abdessemed

REGULAR PRICE ¥14,300  (tax incl.)

hardcover in a slipcase
400 pages
246 x 329 mm
color, black and white
2021

published by WALTHER KÖNIG