ABOLISH HUMAN BANS: INTERTWINED HISTORIES OF ARCHITECTURE by Esra Akcan

モントリオールの建築ミュージアム、「CCA(Canadian Centre for Architecture、カナダ建築センターとも)」による「CCA Singles」シリーズ第4弾。トルコ系アメリカ人の建築家、学者、作家であるエスラ・アッカン(Esra Akcan)が手掛ける本書では、建築史における「変化=トランスレーション(翻訳)」の理論の研究に基づき、世界の覇権を握る勢力の反移民政策に反対する活動が記録されている。アメリカ政府により誹謗中傷され、入国が禁じられていたシリア、イラク、ソマリア、スーダン、リビア、イラン、イエメンの7カ国を事例に、それぞれの建築の運輸や変化を追う。本書に収録されているプロジェクトは、現代建築史がグローバルに結びついていることを示しており、建築家が支配力を持つ地政学的な政権に従うのではなく、倫理基準、政治的指針を平和のために託すことができるかという問いかけをしている。

CCA Singles」は、1つの意見、1つのもの、あるいは1つの出来事を紹介する少部数・限定版の出版物シリーズ。生の資料から1つのテーマに関する考察を編集したものまで、CCAで発案・収集されたアイデアをじっくりと吟味することができる。

In the fourth volume of the CCA Singles series, Esra Akcan builds on her theory of architectural translation to construct an activist gesture—through the lens of architectural history—against the anti-immigration policies of ruling powers. To contest the alleged inaccessibility of seven countries specifically vilified by the United States government, Akcan explores case studies from Syria, Iraq, Somalia, Sudan, Libya, Iran, and Yemen, tracing some of the transportations and transformations of architecture in each. The projects in this book demonstrate that modern architectural histories are global and intertwined, and frame questions as to whether architects can commit their ethical and political compasses to peace rather than to dominant geopolitical regimes.

CCA Singles are short printed one-offs that present one voice, one object, or one event. Ranging from raw source material to edited topical reflections, they propose intimate contact with ideas generated or collected at the CCA.

by Esra Akcan

REGULAR PRICE $17.00

softcover
64 pages
154 x 231 mm
color, black and white
2022

published by CANADIAN CENTER FOR ARCHITECTURE (CCA)