A SUBVERSIVE GLEAM: MAX BILL AND HIS TIME. 1908–1939 by Max Bill

スイス人画家であり建築家、彫刻家、教師、デザイナー、マックス・ビル(Max Bill)の伝記を巡る作品集。バウハウスの巨匠である作者は、先述のように美術、デザインと建築分野をまたぐ総合芸術家であった。本書を手掛けた美術史家であり、作者のパートナーでのアンジェラ・トーマス(Angela Thomas)が、作者の幼少期時代からバウハウスでの修行、チューリッヒへの帰還から1930年代後半に至るまでの経歴を辿るモノグラフの第一部である。忠誠心に溢れた明晰な思考、高い意識での批評的精神、芸術家たちのネットワークの拡大など、若き日の作者を紐解く内容となっている。第二次世界大戦前のヨーロッパの芸術家やデザイナー、建築家のコミュニティにおける文化的な環境に関し、伝記や弔辞などを通じ考察していく。

Max Bill was a Swiss polymath bridging the worlds of design, architecture, art, publishing, advertising, and politics. This first part of an comprehensive monograph retraces Bill's biography from his childhood to his Bauhaus training, his return to Zurich, and on until the late 1930s. The reader discovers a young Bill characterized by commitment, clarity in thinking, a highly critical mind, and a growing network of artists. Part biography, part eulogy, part memoir, this publication proposes insights into the pre-World War II cultural milieu of a European community of artists, designers, and architects.

by Max Bill

REGULAR PRICE ¥7,920  (tax incl.)

softcover 
736 pages
165 x 235 mm
color, black and white
2022

published by WALTHER KÖNIG