A ROCK IS A RIVER by Maya Rochat

スイス人アーティスト、マヤ・ロシャ(Maya Rochat)の作品集。様々なアーティストに永く作られ続けてきた「アーティストブック」の様式において、作者は出版物をサイトスペシフィックな場として理解し、レイアウトやペインティングによる実験の可能性を鑑みる方法として出版という形を用いてきた。本作は、過去2年間に撮影した写真を改めて描き出しながら、多様なスケールとリズムの中でイメージと再会しそれらを編み、未だ変化を続けながら展開していくコラージュを本という形式の中で生成しようとしている。

タイトル「A ROCK IS A RIVER」は、本書を制作するにあたり作者が収集した素材のコレクションに由来している。そしてその素材の大半は自身の生まれ故郷スイスのロカルノ地域にあるヴェルツァスカ渓谷や、作者の父親が住んでいるペルーの地など、作者自身に所縁がある地で撮影された。自然界で物質が変化する状態 -絶え間なく流れ続ける水が形成する力、川によって変容する石、液体となり再びまた元に戻る固体-に触発された作者は、制作物を堆積していく過程の中で作品が変容して積み上がった層を作品化している。

本書は、スケールと物理的な観点において、作者史上最も野心的な作品となった。写真には唯一性のある場が与えられ、ペインティングは描かれたページと直に絡み合う。デジタルとマニュアル両方の方法を用い、元となるビジュアルの上に自然の動きに基づいた描写や有機的な面によって二つ目の層が生まれている。また本書は、度々銀色の紙を用いて印刷されており、周囲の光を反射するたびに起こるヴィジュアルの変化によって、物理的な破壊が作り出されている。

付属の冊子にはテキストが収録されており、サイモン・ベーカー(Simon Baker)、 パオラ・パレアリ(Paola Paleari)、イングリッド・リュケ=ガド(Ingrid Luquet-Gad)、 Markovian System(ジョエル・ヴァシュロン&アリス・クサントス / Joël Vacheron & Aris Xanthos)、ヴィヴィアン・モレ(Viviane Morey)、アン=クリスティン・バートランド(Ann-Christin Bertrand)、ブラッド・フォイヤーヘルム(Brad Feuerhelm)といった名だたるキュレーターや批評家、芸術史家が寄稿者に名を連ねる。

A Rock is a River, is a publication by Swiss artist Maya Rochat. Binding the alchemy of photography with the physicality of painting, Rochat creates organic patterns, chromatic alterations and visual ruptures that generate a slow, ongoing process of images mutating, reflecting a world in permanent flux. In the long tradition of artists’ books as artworks in their own right, Rochat understands the space of a publication as site-specific, and has conceived a series of works for the form of the publication, taking into account the possibilities of layout and printing experimentation. Drawing from the past two years of her photographic production, she revisits and interweaves images in various scales and rhythms to create an ongoing, unfolding collage in book form.

A Rock is a River takes its name from the collection of raw material Rochat gathered to create the book. Much of it was shot in Valle Verzasca, in the Locarno district of her native Switzerland, as well as within other landscapes she has a direct connection to such as Peru, where her father lives. Inspired by the altering states of matter transforming in the natural world – the sculpting forces of continually moving water, rocks transformed by rivers, solids turning to liquids and back again – Rochat works layers of transformation into each her own works, in her own process of sedimentation.

This is Rochat’s most ambitious book so far, both in terms of scale and physicality. Her photographs are given space to be seen in singularity, and her paintings engage directly with the pages they are placed on. A second layer of visuals born from organic gestures and surfaces overlap the base images, both digitally and manually arranged. Sections of the book are printed in colour and black and white on silver paper, creating physical ruptures each time it flashes when reflecting surrounding light.

Texts by Simon Baker, Paola Paleari, Ingrid Luquet-Gad, Markovian System (Joël Vacheron & Aris Xanthos), Viviane Morey, Ann-Christin Bertrand and Brad Feuerhelm.

by Maya Rochat

REGULAR PRICE ¥8,500

hardcover
336 pages
220 x 290 mm
color
limited edition of 800 copies
2017

published by SPBH EDITIONS