A FEW MODEL PALM TREES by Bruno V. Roels

ベルギー人フォトグラファー、ブルーノ・V・ロエルズ(Bruno V. Roels)の作品集。本書はアメリカ人アーティストであるエド・ルシェ(Ed Ruscha)が1970年代に刊行した作品集『A Few Palm Trees』のリメイク(改作)であり、インタープリテーション(解釈)、アプロプリエ―ション(流用)、アダプテーション(脚色)である。作者は、本物のヤシの木の替わりに建築模型や子供のおもちゃに使われる小さなプラスチック製のヤシの木を用って撮影。原来、作者の作品にはヤシの木やその写真がモチーフとしてしばしば繰り返し現れる。ヤシの木はどれも似通っており、誰が見ても分かるシンボルとなっている。昔からヤシの木といえば勝利、成功、忍耐力、宗教、もてなし、富、快楽、休暇、楽園など多々連想されるものだが、植民地化、貿易、グローバル化とも結びついている。どの文化においてもヤシの木は何らかの意味を持っている。作者はヤシの木の写真を使うことによって、写真の基本的な構造の一部となっている複写、模倣、描写といった概念を非常に具体的なものとして表現した。さらにエド・ルシェの作品に対するアプロプリエ―ションによって、その一歩先へ行くことに成功している。

A Few Model Palm Trees” is a remake, an interpretation, an appropriation, an adaption of Ed Ruscha’s famous book “A Few Palm Trees” from the 70s. Instead of using real palm trees, Roels makes use of downsized plastic trees that are used in architectural scale models, or that are used as children’s toys. Roels often works with (photographs of) palm trees. All palm trees look alike, and as a symbol the plants are highly recognizable. Historically they’re connected to victory, triumph, endurance, religion, hospitality, wealth, luxury, vacation, paradise but also to colonization, trade and globalization. Palm trees have meaning across cultures. By using photographs of palm trees, Roels makes the idea of copying, mimicking and representation (all part of the very fabric of photography) very tangible. Now he takes on the next step by appropriating Ed Ruscha’s book.

by Bruno V. Roels

REGULAR PRICE ¥3,800

softcover
64 pages
140 x 178 mm
black and white
limited edition of 400 copies
2019

published by ART PAPER EDITIONS