78 by Issei Suda

日本人写真家、須田一政の作品集。これまでに無いアプローチで本を作るという、作者との約束から誕生した一冊。2019年1月から始動した本書制作プロジェクトは、惜しくも作者の死後(2019年3月7日)に果たされることになった。本書に収められている写真は、2019年11月に作者のアーカイブからセレクト。1971年から1983年にかけて撮影された作品は全て本書にて初公開となる。作者独特の本質的に都会的な風景が対比と幻想の中で展開していき、どこか場違いな動物と子どもたちのいたずらっぽい表情が街の通りに満ち溢れ、日常的なシーンに奇妙な雰囲気を醸し出している。東京とその周辺の県に広がる作者の印象的な世界には都市のエネルギーが迸り、ユーモアを交えながらその本質を明るみに出している。須田作品のトレードマークである深くて強いコントラストを持つ黒も、これと同じエネルギーを持っている。

(2019年11月のセレクト後に)フランスに戻ってから、須田が78歳で亡くなったことに気付きました。『78』は、あの日私たちが直感に従って選んだプリントの数とちょうど同じでした。この一冊を、この偉大な写真家に捧げたいと思います。」 ー セシル・パンブフ・コイズミ(Cécile Poimboeuf-Koizumi)/「Chose Commune」設立者

The story behind 78 tells of a promise kept after the passing of the Japanese master of photography Issei Suda, to publish a book with an original approach. Although the project originated in January 2019, 78 presents a selection of unseen photographs selected from the Suda archive in November 2019. Shot between 1971 and 1983, these photographs have never been published until this day. In this book, Suda’s unique and profoundly urban vision unfolds in a series of contrasts and allusions. The unexpected presence of animals and children’s mischievous looks fill up the streets, adding a sense of strangeness to these everyday scenes. From Tokyo to its surrounding prefectures, the photographer’s striking world is immersed in urban energy, bringing out – with a hint of humour – its spirit. The same energy can also be found in Suda’s trademark deep and contrasted blacks, a unique hallmark of his work.

It was only upon our return to France that I realised Suda had passed away at 78, the exact number of prints we had intuitively selected on that autumn afternoon. This book is a tribute to the great photographer he was.” ー Cécile Poimboeuf-Koizumi

by Issei Suda

REGULAR PRICE ¥8,000

hardcover
128 pages
240 x 280 mm    
black and white
2020

published by CHOSE COMMUNE