2099 by Sybren Vanoverberghe

ベルギー人フォトグラファー、シブレン・ヴァノーバーベルジ(Sybren Vanoverberghe)の作品集。進化し続ける歴史とその繰り返しの性質に対する作者個人の見解に結びついた「記憶」のイメージを収録している。脱構築された場所や作り変えられた肖像が、鑑賞者の連想に応じて今ここにある現在に新しい全体像を与える。作者は写真家として演出されたものと演出ではないものの両方を使った実験を行っている。さらにイメージに内在する抒情的な部分に働きかけることによって、どうすれば自分が写真家として風景に影響を与えることができるのかを探求する。この作品は、将来についての予言としても過去への願望としても読みとることができる。一部の写真は身近なところでたまたま撮影されたものだが、他の写真は歴史的な重要性を持つ特定のロケーションと主要都市で意図的に撮影されたものである。

2099 shows images of remembrance linked to Sybren Vanoverberghes perception on the constant evolution of history and its repetitive character. Deconstructed places and manipulated icons function on an associative basis to create a new overview of the present. As a photographer Vanoverberghe is experimenting with what is staged and what is not. He researches how he as a photographer can interfere in the landscape by working on an underlying lyricism in the images. The work can both be seen as a prophecy for the future as well as a desire to the past. Some photographs are taken by chance and close to home, other were chosen to photograph on fixed historical locations and in metropoles.

by Sybren Vanoverberghe

REGULAR PRICE ¥5,800

softcover
92 pages
240 x 295 mm
color, black and white
limited edition of 500 copies
2018

published by ART PAPER EDITIONS