WHAT SHE SAID with TOTE BAG by Deanna Templeton [SIGNED]

アメリカ人アーティスト、ディアナ・テンプルトン(Deanna Templeton)の作品集。

週末だけが生きがいなのに平日と同じくらい最悪な時がある。つまらな過ぎて、もううんざり!朝目が覚めると99歳の老人みたいに感じる!疲れ切って、何もしたくなくて、みじめな気持ち。まだ15歳だっていうのに、どうしてこんな風になっちゃったんだろう。どうしてこんなに憂鬱なの?この世界はおかしい!みんな滅茶苦茶だ!私の頭がおかしいのか、兄が言うように変人なのかもしれない

本書のタイトルはイギリスのロックバンド「The Smiths」の曲から由来している。その中にこういう歌詞がある。「What she said was sad / But then, all the refjection she's had / To pretend to be happy / could only be idiocy (彼女の言葉は悲しかった / でも全てを否定された悲惨さを思うと / 幸せなふりをして / 白痴の様にふるまうことしかできなかったのだろう)」本作は、アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリア、ロシアのストリートで撮影した少女たちのポートレイトから始まった。疾風怒濤の青春の日々を送るパンクスやホームレスの破れたジーンズやタイツ、タトゥー、ヘアスタイルは、彼女達が今まさに人生の過渡期を迎えていることの証である。作者が青春時代を過ごした1980年代と今では少女たちの見た目は違っていても、「女性の青春時代」には普遍的な何かがあることを作者は理解している。彼女達が感じている失望や直面している問題は、若き作者自身が体験したものとそう変わりはない。現代のポートレイト、ギグのフライヤー、1980年代半ばから後半にかけての10代の作者自身の日記を組み合わせ、誰もが経験する成長期特有の反抗心、ユーモア、悲哀の全てを赤裸々に描き出した1冊。

※『WHAT SHE SAID』オリジナルトートバッグ付き

記事:普遍的な〈少女時代〉を捉えるディアナ・テンプルトンのポートレート(i-D JAPAN)


'All I look forward to is the weekends, and sometimes they suck just as bad as the week does. God it’s so god damn boring!! When I wake up in the morning I feel like I’m 99 years old!! I’m so tired and lazy and unhappy. I’m only 15 years old, what’s wrong with me, why am I so UNhappy? This world is so fucked! People are so fucked! I’m so fucked or as my brother would say "Your a freak!"'

What She Said takes its title from a song by The Smiths: “What she said was sad / But then, all the rejection she’s had / To pretend to be happy / Could only be idiocy.” The work originates in portraits Deanna Templeton made on the streets of the US, Europe, Australia and Russia, in which she captured women in their adolescence: punks and outcasts whose ripped jeans and tights, tattoos, and hairstyles stand as testament to this transitional moment in their lives as they navigate the intensity of teenage life. Templeton grew up in an ostensibly different environment in 1980s youth, but she recognised in them something of the universality of female adolescence, as they struggled with similar disappointments and challenges she encountered as a young woman. The book combines these modern portraits with gig flyers and Templeton’s own teenage journal entries from the mid to late 80s, in which the familiar experience of growing up is laid bare in all its antagonism, humour and pathos.

The book is delivered with a tote bag originally produced by MACK.


'What She Said' by Deanna Templeton by MACK


Look Inside: 'What She Said' by Deanna Templeton by MACK

by Deanna Templeton

REGULAR PRICE ¥8,500

hardcover
168 pages
195 x 245 mm    
color, black and white
2021

SIGNED BY DEANNA TEMPLETON
TOTE BAG INCLUDES

published by MACK