COLLECTED WORKS: VOLUME 1 1990-2005 by Caruso St John

プレオーダー *2月入荷予定

アダム・カルソ(Adam Caruso)とピーター・セント・ジョン(Peter St John)によって設立されたロンドンを拠点とする建築事務所、カルソ・セント・ジョン(Caruso St John)の作品集。最も高い評価と影響力を持つ建築設計事務所の15年間を網羅した作品集の第一巻。本書は、1990年から2005年までの活動における主要な段階や側面を軸としたテーマ別に、詳細に振り返ることができる充実した内容となっている。批評家、クライアント、アーティストなどの論考を通して、活動初期から発展まで、イギリスの「ノッティンガム・コンテンポラリー(Nottingham Contemporary)」や、王立英国建築家協会(RIBA)のスターリング賞の最終候補作品「ニュー・アート・ギャラリー・ウォールソール(New Art Gallery Walsall)」と「ブリック・ハウス(The Brick House)」などのプロジェクトで国際的な評価を得るまでの様々な活動を紹介している。

本書は、初期のプロジェクトやコンペの応募作品に関する詳細な解説、未公開図面や、カルソ・セント・ジョンの二人による新しい解説が掲載されており、建築と現代アートを横断するリファレンスを文脈に沿って紹介しているほか、各プロジェクトの形成と評判をとらえた新しいテキストやアーカイブのテキストも収録。本書は、オープンかつ思慮深い構成によりわかりやすく解説しており、アイデア、イメージ、影響、記録に関する詳細で相互参照可能なリファレンスを提供する。また、ピーター・セント・ジョンによるオーレストン・ミューズ(Orleston Mews)の自宅やロンドン・バンクサイドの標識システムなど、多様なプロジェクトが、より有名な建築物と対談する。有名なものからあまり知られていないもの、周辺的なものから壮大なもの、醜いものから美しいものまでが蒐集された本書は、現代世界は新しいものだけでなく、以前からあるすべてのもので構成されているというカルーソ・セント・ジョンの信念を体現するものである。文化、記憶、建築、感情のネットワークとしての建築環境のヴィジョンを明らかにし、その変動する全体に生息し進化する建築を明確に示している。

ドイツ人映画監督のヴィム・ヴェンターズ(Wim Wenders)、ドイツ人建築家のハンス・コルホフ(Hans Kollhoff)フランス人建築史家のイレーネ・スカルベール(Irénée Scalbert)、イギリス人キュレーター兼編集者のヴィッキー・リチャードソン(Vicky Richardson)、スウェーデン人建築史家のクレス・カルデンビー(Claes Caldenby)、フランス人建築批評家のドミニク・ブデ(Dominique Boudet)、イギリス人キュレーターのジェームズ・リングウッド(James Lingwood)やカルソ・セント・ジョンの二人によるテキストも収録。

Available for pre-order now. *It will be shipped in February.

The first volume of a collected works, this book covers fifteen years of Caruso St John, one of the most highly acclaimed and influential contemporary archi­tectural practices. Following a thematic course shaped around key phases and aspects of their thinking, this extensive volume offers a detailed reflection on the practice’s activities between 1990 and 2005. Through a chorus of voices including critics, clients, and artists, it narrates their early emergence and de­velopment through to the international recognition which came with projects such as Nottingham Contemporary, The New Art Gallery Walsall, and the Brick House, with the latter two both being shortlisted for the Stirling Prize.

Detailed accounts of early projects and competition entries, with unseen drawings and new commentaries by Adam Caruso and Peter St John, are presented here accompanied and contextualised by inventories of references from across architecture and contemporary art, together with new and archival texts capturing each project’s formation and reception. With an open and re­flexive structure, the book offers both an accessible introduction and a detailed, cross-referential constellation of ideas, images, influences, and documentation. Diverse projects such as the progressive reiterations of Peter St John’s home at Orleston Mews and the signage system for London’s Bankside sit in dialogue with more well-known buildings. Bringing together the renowned and the minor, the peripheral and the spectacular, the ugly and the beautiful, this essential book – the first comprehensive monograph on the practice – embodies Caruso St John’s belief that the contemporary world is composed not solely of the new but of everything that has come before. It illuminates a vision of the built environment as a network of culture, memory, construction, and emotion, and articulates an architecture that inhabits and evolves with that fluctuating whole. Includes texts by Wim Wenders, Hans Kolhoff, Irénée Scalbert, Vicky Richardson, Claes Caldenby, Dominique Boudet, James Lingwood, Adam Caruso, Peter St John, and more.

by Caruso St John

REGULAR PRICE ¥13,200  (tax incl.)

hardcover
416 pages
220 x 260 mm
color, black and white
2022

PRE-ORDER *SHIPPED IN FEB

published by MACK