SUNSETS by Daniela Comani

イタリア人アーティスト、ダニエラ・コマーニ(Daniela Comani)の作品集。

写真シリーズ 『OFF』は、メディアに関する認識の余談のようなものである。テレビという常に我々の周りに付きまとってくる『動画再生装置』を綿密に細かい部分まで調べ上げた。しかしそんなテレビも、一度電源をオフにするとまるで死んだように見え、ただの冷んやりした物体となり、同時に視聴者が自分自身の幻想や恐れをそこに投影する画面として機能しだす。イメージが画面から消えたとしてもテレビは依然として暗い画面に部屋や人物を写り込ませてしまい、コンテンツを失わない。作者はアクティブに動いていないテレビを単に撮っているのではない。フラッシュがあたかもビッグバンが起きたかのように暗い画面に当たり、たとえ主役が写り込んでいなくてもそこに新たな光景や考察を生む。作者がシャッターを切った瞬間、一瞬のフラッシュの光がテレビの画面の構造と最も独特な形で混ざり合い、小さなフォーマットに描かれた夕暮れの風景のような新たなイメージと形を作り出す。また、このシリーズはデザインに関するものでもある。作者は、様々な形、サイズ、デザインのテレビが並ぶこの『ミザンセーヌ(舞台装置)』のために、それぞれのテレビが持つ物理的な特異性を引き出すべくブランド名を完全に消した。そしてテレビ群は皆一様に真正面を向いており、まるでたくさんの人が鑑賞者を凝視しているようである。テレビの枠は作品の額のように機能し、機械の本質を示唆している。作者が写し取ったイメージは、プラスチック製のテレビを二次元の画像に変え、それを板紙にマウントすることでまた別の新たな三次元の物質として定着する。それぞれの作品は、無限に複製できる技術的特徴を備えた写真という媒体が連続的に並んでいるにも関わらず、各々違う特徴を持つユニークな存在となっている。」- レナータ・スティ(Renata Stih)

OFF, a photographic series by Daniela Comani, is an excursus into perception as it relates to the media. With painstaking precision she probes that ever-present device for the reproduction of moving images, the television set, but in off mode: turned off, TV sets seem dead, they become cold objects – and yet concomitantly they serve as surfaces for viewers to project their own fantasies and fears on. Even when the picture is extinguished, the TV is still not bereft of content, for the dark screen reflects the room and the people and objects in it. Daniela Comani doesn't merely take pictures of inactive TV sets, she shoots them: the flash hits the dark screen like a Big Bang that yields new sights and insights, even as it outshines and obliterates the protagonist’s reflection. At the instant she pulls the trigger, the split-second flash blends with the surface structure of the television sets in the most peculiar ways, producing new images and new shapes in these landscapes with sunset, small format. Daniela Comani's series is also about design: for this minimalistic mise-en-scène of an assortment of TV sets of varying shape, size and design, the artist has painstakingly removed the brand names in order to bring out the physical idiosyncrasies of each different setup. The objects are portrayed from the front, as though they were people gazing out from the picture at the viewer. The housing of each set serves as a picture frame and suggests the machine’s essential nexus to the picture. The photograph turns the plastic TV sets into two-dimensional pictures, which Comani then mounts on paperboard to create a new three-dimensional object. Each picture is unique despite the serial nature of photography with its technical capability of infinite reproduction. (Renata Stih, Berlin 2011)

by Daniela Comani

REGULAR PRICE ¥3,600

softcover
64 pages
210 x 260 mm    
black and white
2016

published by EDITION PATRICK FREY