SEVENTY-TWO AND ONE HALF MILES ACROSS LOS ANGELES by Mark Ruwedel

アメリカ・カリフォルニア出身のフォトグラファー、マーク・ラウェーデル(Mark Ruwedel)の作品集。本プロジェクトの為に作者は2011年から2014年にかけてロサンゼルスを旅してまわり、友人であり作家のナイジェル・ラーブ(Nigel Raab)の足跡を辿った。ウェストチェスターにあるラーブの自宅を出発し、サンバーナーディーノの地下鉄の駅に着くまでの72.5マイル(約120キロ)に及ぶ旅程は綿密に計画されている。作者は、地理的、経済的、政治的、文化的な境界線をできるだけ多く横断するルートを作り上げた。このプロジェクトの制作過程を通じて、作者はロサンゼルスの街を撮ったエド・ルシェ(Ed Ruscha)の写真集にインスパイアされたという。本書に収録されている景色や名所は、ラーブとルシェがそれぞれの旅の途中で目にした場所を反映している。

MACKタイトル を 10,000円(税別)以上ご購入の方全員に、MACK 設立10周年記念トートバッグをプレゼントいたします。ご購入予定のMACKタイトルと併せてカートに入れて決済をお進めください。

For this project, Mark Ruwedel travelled across Los Angeles between 2011-2014, following in the footsteps of friend and author Nigel Raab. His carefully planned route spanning 72.5 miles began at his house in Westchester and ended at the Metro station in San Bernardino; a route chosen to cross as many geographic, economic, political and cultural boundaries as possible. The views and sights we see here reflect several legacies: from Raab’s own journey, to that of LA photographer Ed Ruscha, whose photobooks provided an inspiration throughout the course of the project.

GET FREE MACK TOTE BAG - BUY MACK TITLE(S) OVER 10,000 yen *Please add 'MACK 10 YEAR ANNIVERSARY TOTE BAG' to your cart and check out with MACK title(s) which you would like to purchase.

by Mark Ruwedel

REGULAR PRICE ¥6,200

hardcover
160 pages
210 x 250 mm    
black and white
2020

shortlist of the Deutsche Börse Photography Foundation Prize 2019

published by MACK