PURSUIT OF WONDERS by Andreas Züst

スイス人フォトグラファー、アンドレアス・ツスト(Andreas Züst)の作品集。2000年にこの世を去るまで生涯を通じて自然現象に魅了された作者は、子供の頃から1日3回必ず天気模様を注意深く観察していたという。大学では雪氷学を専攻し、グリーンランドのチューレで数ヶ月間氷床コアを掘り、研究の一環として数え切れないほどのスライドを撮影した。果てしなく続く氷の世界、吹きつけてきたばかりの真っ白に輝く雪、窓にできた氷の結晶から、輝くブルー、氷に覆われた浜辺でカメラを覗き込む北極グマ、満月の光に照らされ氷に閉ざされた研究基地まで、作者のカメラで捉えられた氷は、様々に形を変え、一つの状態に決めつけられることを嫌がっているようにも見える。イメージが持つこの世のものとは思えないオーラは、氷が放つ不透明な青い輝き(実際に見せていた時と同じくスライドショーで見るのがベスト)に表れている。また、本書では「氷の物語」と「氷河学者としての人生と仕事」が別々に語られているが、氷の世界を行くシュールな旅の空気感がこの二つをしっかりと結びつけている。作者の友人で映画監督のペーター・メトラー(Peter Mettler)、文化研究者のヴェレーナ・クニ(Verena Kuni)、アーティストのジメナ・クロチェリ(Jimena Croceri)とサリーナ・シャイデッガー(Sarina Scheidegger)によるテキストを収録。

Andreas Züst (1947–2000) was fascinated by natural phenomena his whole life long. Even as a child he would stoically take note of the weather conditions three times a day. Later on, as a student of glaciology, he spent whole months at Thule in Greenland drilling ice cores—and shooting countless slides of his research work there. The resulting corpus of photographic material explores ice in a multitude of different forms and escapes determination, ranging from endless icescapes, freshly blown bright white snow, and ice crystals on a window to a glowing blue, a polar bear peering into the camera on an ice-covered beach, and an ice-bound research base camp under the light of the full moon. The opaque blue glow of ice (best viewed as originally presented in a slide show) epitomizes the otherworldly aura of these evocative images. The story of ice and that of a glaciologist’s life and work are told separately in Pursuit of Wonders, but tied together by the prevailing atmosphere of a surreal journey through a world of ice, rounded out by contributions by the film maker Peter Mettler, who was a friend of Züst’s, cultural studies scholar Verena Kuni as well as artists Jimena Croceri and Sarina Scheidegger.

by Andreas Züst

REGULAR PRICE ¥7,400

hardcover
160 pages
240 x 330 mm    
color
2020

published by EDITION PATRICK FREY