PERFECT DAY by Txema Salvans

スペイン人フォトグラファー、チェマ・サルバンス(Txema Salvans)の作品集。駐車場で日光浴をする人々、密接する建物のはざまに作られたプール、ビーチを見下ろすようにそびえるクレーン車や冷却塔など、ポスト・インダストリアルな殺伐とした都市の中の思いもよらない場所で夏のひと時を満喫するスペイン人を捉えた一作。写し出された人工的な風景は不吉な雰囲気を漂わせているが、そのようなことはものともせずに人々は余暇を楽しもうとしている。ありふれているのにシュールでユーモラスな光景には、悪条件をものともせず環境に適応し安らぎを見出そうとする、人間らしい不屈の精神を見て取ることができる。海の近くで撮影された写真が多いのに海はどこにも写っていない。物言わぬ目撃者、裏返しの背景幕になった海がそこにあることはそれとなく伝わってくる。その代わりに、イメージの中の人々が「そこにないもの」として扱おうとしているものがはっきりと見えてくる。緻密に構成されたタブローズ(絵画的な描写)を1枚めくると、階級、国家のアイデンティティ、政治学についての痛烈な問いかけが潜んでいる。作者の写真は、誰もが人生におけるちょっとした喜びを味わう権利があることを表現している。

MACKタイトル を 10,000円(税別)以上ご購入の方全員に、MACK 設立10周年記念トートバッグをプレゼントいたします。ご購入予定のMACKタイトルと併せてカートに入れて決済をお進めください。

In Perfect Day, Txema Salvans photographs Spain's holiday-makers in unexpected corners of the postindustrial landscape. Sunbathers congregate in car parks, swimming pools are nestled between encroaching buildings, and cranes and cooling towers loom over beaches. In these surreal, banal and humorous scenes, Salvans reveals how the pursuit of leisure persists in spite of the ominous pressures of the built environment, expressing a deeply human determination to adapt, and find repose, against the odds. Although many of these photographs were made near the sea, the sea itself remains invisible: a silent, implicit witness and a backcloth that has been inverted. Instead, we see – in a literal sense – what the images’ subjects want to turn their back on. Beneath the surface of these scrupulously composed tableaux are potent questions about class, national identity, and the politics of space: a depiction of simple pleasures advocating our rights to them.

GET FREE MACK TOTE BAG - BUY MACK TITLE(S) OVER 10,000 yen *Please add 'MACK 10 YEAR ANNIVERSARY TOTE BAG' to your cart and check out with MACK title(s) which you would like to purchase.

by Txema Salvans

REGULAR PRICE ¥7,000

hardcover
88 pages
280 x 275 mm
color
2020

published by MACK