NOW IS NOW by Nanna Hänninen

フィンランド人フォトグラファー、ナンナ・ハンニネン(Nanna Hänninen)の作品集。作者は、社会における個人の体験を描き出すことによって、不安定さや他者性、気候変動などのテーマに光を当ててきた。コントロールしたいという欲求とその不可能性、そして今の時代に生きる我々の誰もが避けて通ることができない気候変動とそれがもたらす選択肢という現代の緊急の課題に向き合っている。本書に収録された作品群は、様々な感情がうごめく混沌の中で感じる不安、実存的な脅威、その中で生き延びていくことを表現する。このことは作者本人が体験したことだけでなく、作品を鑑賞している私たちにも当てはまる。ゴスタ・セルラキウス博物館(フィンランド)のヘッドキュレーター、ローラ・クールネ(Laura Kuurne)と、作家であり哲学者のツォーマス・ネヴァンリンナ(Tuomas Nevanlinna)によるテキストに作者のイメージが織りなすこのシリーズは、今この瞬間に加え、時間そのものとその相対性が持つ重要性を探求している。過去は記憶に過ぎず、未来は心が作り出す虚像である。そして我々が直接的な影響を及ぼすことができる唯一の瞬間である「今この時」は、この2つの間に存在する。本書は2020年にゴスタ・セルラキウス博物館で開催された回顧展「How about the Future?」に伴い刊行された。

Nanna Hänninen, a Finnish photographic artist, focuses on the themes of insecurity and otherness as well as climate change by depicting the individual’s experience in society. Hänninen adresses the need for and the impossibility of control and as well of the burning issue of the day: climate change and the choices it brings, which we who are living today must consider. The group of works deals with anxieties, existential threats and survival in the jungle of emotions. This applies not only to the artist and her experiences but also to us, the viewers of her works. The series, interlaced with texts by Laura Kuurne and Tuomas Nevanlinna, explores the importance of the present as well as time itself and its relativity. The past is just a memory and the future is a construction of the mind, and between these two is here and now, the only moment on which we have direct influence. NOW IS NOW by Nanna Hänninen was published on the occasion of her retrospective exhibition How about the Future? which is on display at the Serlachius Museums Gösta in 2020.

by Nanna Hänninen

REGULAR PRICE ¥3,300

hardcover
160 pages
115 x 148 mm    
color, black and white
2020

published by KODOJI PRESS