NASA APOLLO 11 – MAN ON THE MOON

アポロ11号で月へと旅立った、宇宙飛行士たちを追いかけ、3人のクルーが持ち帰った映像資料をまとめた一冊。アポロ11号の乗組員の一人、ニール・アームストロングが人類史上初めて左足を月面に踏み下ろしてから50年が経った今も、地球の衛星、月に対する人類の興味関心は少しも失われてない。ミッション前とミッション中の写真を撮影する為、クルーには十字マークが入ったガラス製プレート(レゾープレート)が組み込まれ、カールツァイスのBiogon 60mm ƒ/5.6レンズを装着したハッセルブラッド500ELデータカメラが支給された。このミッションから生まれた映像資料は、NASAのオンライン・アーカイブで閲覧することが可能であり、本書はその全貌を初めて紹介する1冊。編者のシュテッフェン・ノル(Steffen Knöll) は、シュトゥットガルト出身のデザイナー、研究者、講師である。

Fifty years after Neil Armstrong, one of the Apollo 11 crew, placed his left foot on the surface of the moon for the first time in human history, our fascination with Earth’s satellite has lost none of its power. NASA Apollo 11: Man on the Moon tracks the astronaut’s journey to the moon and documents the visual materials that the three crew members brought back with them. They were supplied with a Hasselblad 500EL Data Camera with Réseau plates and a Zeiss Biogon 60mm ƒ/5.6 lens with which they were to take photographs before and during the mission. The visual material that emerged from this can be seen in NASA’s online archive and is shown for the first time in its entirety in NASA Apollo 11: Man on the Moon. Steffen Knöll is a designer, researcher, and lecturer from Stuttgart.

by Steffen Knöll

REGULAR PRICE ¥5,500

softcover
226 pages
230 x 310 mm    
color, black and white
2020

published by SPECTOR BOOKS