GE(SSENWIESE), K(ANIGSBERG) by Susanne Kriemann

ドイツ人アーティスト、スザンネ・クリーマン(Susanne Kriemann)の作品集。1946年以来、絶え間なく変化し続けてきた風景の一部である Gessenwiese と Kanigsberg。この2つの場所では、鉱山から排出された放射性廃棄物の山と湖を様々な方法で浄化してきた。Gessenwiese に育つ植物は、地中の汚染物質を蓄積している。また、放射性の塵が拡散しないように、布を使って長い時間をかけて湖を干上がらせている。そして積み上げられた土を少しづつ地面に戻していく。本作のコンセプトは、継続的に変化し生まれ変わっていく土地に触発されて形作られていった。この数年間、作者は出来事や地質学的な時間を記録するための新しいシステムについて考察する手段としての写真という概念を徹底的に拡大してきた。

Gessenwiese and Kanigsberg form part of a landscape that has been in a process of constant change since 1946. The overburden from the mining industry created radioactive spoil heaps and lakes that are being rehabilitated by various means: plants growing on Gessenwiese accumulate contaminants from the soil. Textiles are used to slowly dry out the lakes and bind the radioactive dust. The banked mounds are returned to the earth bit by bit. These continual changes to the volumes in the landscape and their afterlife are the conceptual starting point for G(essenwiese) K(anigsberg). In recent years, Susanne Kriemann has developed a radically expanded idea of photography that investigates new systems for registering events and geological periods.

REGULAR PRICE ¥4,200

hardcover
156 pages
160 x 240 mm    
color, black and white
2020

published by SPECTOR BOOKS